人気ブログランキング |

2010年 04月 01日 ( 1 )

春のあそび


c0085543_2384643.jpg子どもの頃、春になるとよく雑木林の中で、この馬酔木の花を探しました。
誰が、一番ふさの長いものを見つけるかを競って山の中を歩き回った思い出があります。そして頭にさしてかんざしにしたり、花をひとつ、先をつまんで房からはずし、手の甲やおでこに、「えいっ」とばかし打ち付けると小さくポン!と音がして裂けるのがおもしろくて、よく遊びました。
おばあちゃんに「あしびは毒やから、口にいれたらいかんよ」と言われながら。

ほんのりと線香のようなにおいがして、わたしの記憶する春のにおいのひとつです。




そして、今でも続いている遊びは、つくし摘み。
土手にたくさん生えるのを摘んでいると道行く人が声をかけて行きます。

油炒めで甘辛く味付けしてビールのおつまみに^^
今年はカンゾウのやわらかい新芽も湯がいて酢味噌和えにしました。
c0085543_23332318.jpg
ほろ苦い春が、体にしみていきます。





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-

by u-hu-yoko | 2010-04-01 23:09