人気ブログランキング |

2006年 09月 27日 ( 1 )

不思議な世界

こんばんは(今は、すっかり日も暮れた秋の夜更け)

こうして、マイブログを指の動くままに書いていると、昔、中学生の時日記を書いていたときのことを思い出します。日記帳が好きで文房具屋さんに行くと、きれいに装丁されたものがたくさん売られていて、ついつい買ってしまいその真っ白いページに、鉛筆で書くのが密かな楽しみでした。
が、しかし、ある日、いつもしまっていた机の引き出しから、日記帳を書こうと取り出したときに、それは直感だったと思うけれど(誰かが見た!)と思うことがありました。それからは、日記には具体的なことは書かず、自分だけがわかる言葉でオブラートに包むように、詩のような、散文のような・・・感じで書くのが癖になったようです。それからずっと大人になるまでそれは続きました。そして、なーんと!結婚する時に、全て燃やしました(かなりストイックでしたねー)

で、やはり中学生の頃よくやっていたのが、トランプ占い。主には恋占いでしたが・・(若かった)
先日、東京、吉祥寺にあるトムズボックス に行ったとき、絵本作家の荒井良二さんの展覧会をしていて、その時やはり荒井良二さんの絵でタロット占いのカードと解説本があったので思わず中学生の気分で買ってしまいました。
ご紹介します!
c0085543_22232799.jpg

 22枚の不思議な絵の描かれているカードの中に自分の気持ちを発見していきます。
タロット占いというと何かあやしい秘法みたいに思っていましたが、いわば自分の直感を深めて自分の気持ちを素直に問うてことなんだなーと発見。

c0085543_22391045.jpg
ちなみに気に入ったのが、<愚者>のカード
そこには、

ぼくはゼロのこども。みんなぼくを
 「なにわかっていないやつ」というけれど、そんなことはどうでもいいこと。
だって、空は青いし、空気はきれい。
あれこれ考えすぎずに、歩いていこうよ、
それが明日への道だから。


鏡リュウジ作 荒井良二絵  本体1300円
ウーフhttp://www.u-hu.net/

by u-hu-yoko | 2006-09-27 22:55 | 一般書