人気ブログランキング |

マリーのお人形



   お店の棚に並んでいるお人形を、「どの子にしよう・・」と、多くの中から選び取る
   その子は、不思議なことに、求めてこられるお客様にどことなく似ていらっしゃる
   気がすることがよくあります。

   めぐりあう、ということは、人と人、だけでなく物にだってあるのじゃないかなー
   と思っています。
   お人形ならば、なおのこと!
   そんな素敵な女の子とお人形の出会いを描いた絵本がでました。

c0085543_2218114.jpg
『マリーとお人形』文 ルイーズ・ファティオ  絵 ロジャー・デュボアザン  訳 江國香織

ある骨董品店にアンティークドールがありました。ペルシャのつぼや置時計に囲まれて。「こんなのお人形のくらしじゃないわ」とずっと思いながらため息ばかりついていました。でも、いつも同じようにため息をつきながら、お人形に会いにくる女の子マリーがいました。
ある日、お人形はお金持ちの家に買われていきます。やっぱりため息をついていたお人形はネコとイヌのけんかにまきこまれ、ぼろぼろになって道端に捨てられます。そこにマリーが・・
もう、マリーとお人形がどうなったかは、おわかりですよネ!

c0085543_2234987.jpg

よかったね、
マリー!


c0085543_22345083.jpg



      それから、素敵な付録
裏表紙のポケットに、なんと小さなお人形用のミニ版絵本が入っているんですよ。
      FOR DOLLって!



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net

by u-hu-yoko | 2007-09-23 22:38 | 子どもの本