人気ブログランキング |

蜜蜂の家 2



c0085543_2202870.jpg蜂おじさんの家から、やっとミツバチがやってきました。新しい女王蜂の巣別れを待っていたのでした。

あきれる家族をよそに「ミツバチを飼う」といったものの、(すごい装備で近づかないといけないかな・・・さされたりするのかな・・・)と、ちょっと心配もありましたが、我が家の庭にやってきてみると、そんな心配はまったくなくて、そばにいっても追いかけてくることもなく、からんでくることもありません。
じーっと花になったつもりでながめていると、ぶんぶんという羽音が聞こえて、野原の真ん中にいるような気持になります。子どもの頃、れんげ畑や菜の花ばたけで遊んだことを思い出して、なんだかちょっとしあわせ~な気分(←へんなわたし?ターシャ・テューダにはほど遠いなー・・)

それにしても、ほんとうに子どもの頃は、花アブやミツバチをたくさん見かけました。ここ最近、チョウや蜂、とんぼなどの虫たちが減ったように思い、なんとなく危機感を感じたりします。
しばらく、ミツバチにいろいろ教えてもらいながら、いっしょに暮らすことにします。




『蜜蜂の家』加藤幸子<理論社>もういちど読みたくなりました。
c0085543_2322245.jpg

<ストーリー>
東京の会社を辞めた理枝は母親の反対を振り切って、山村の養蜂場で働くことになりました。自然の中で、数万匹のミツバチと共生する新しい職場。一風変わった同僚たちに囲まれながら、その中で、閉ざされていた理枝の世界が少しずつ花開いていきます。
読み手のわたしも、いっしょにこころが開いてくるようでした。
おすすめで~す!



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net

by u-hu-yoko | 2009-05-11 23:07 | 一般書