笑う門には福来る


c0085543_16583711.jpg


もうすぐ敬老の日

お年寄り・・とか老人、ということばの使い方がどうなのかなー思いますが
子供の頃とはことばのイメージが、かなり違ってきているこのごろです。
私の周りには、いろんなできごとを超えて、人生をあるいてきた、そして
これからを楽しもうとしている人の多いこと!
だんだんと自分も年を重ねてくるとこれまで生きてきた年月がなんとも
だいじなものに思えてきます。
そして今と、これから先を、うんと楽しいものにしていきたいと思います。

スーパーおばあちゃんになるもよし、縁側で若き日のことを思い出しながら
うっとりと、花や猫や孫を見るもよし。
あなたはどんなおじいちゃんに?おばあちゃんに?

それにしても、健康であることと、笑いがいっぱいあることは必須条件だと
思います。

c0085543_17193667.jpg
この『ご長寿かるた』おすすめです。
みんなでおなかをかかえて
笑ってしまいます。
五、七、五の文章もおもしろいけど
また、この絵がとってもユニーク!

高嶋和夫 作
石井聖岳 絵

       ウーフhttp://www.u-hu.net/
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-15 18:04

お月さま



c0085543_11544849.jpg

こんばんは。

もう、季節はすっかり秋ですね。
夕べは、しっかり厚めのおふとんを引っ張り出してきました。
新しいカバーをかけてもぐりこむと、幸せな気持ちになります。
(実は、朝寝坊してしまいました。目が覚めると七時半!!)

夜が長くなると、なんといっても読書かなー・・
そして、窓からはいってくる月明かり。あの透明な光に照らされる
夜の景色は、昼間の植物や生き物の強い息吹とは、また違った
しずかなしずかな、ため息のような気配を感じます。
月の光は、心の奥ふかーくにまで入ってくるかんじです。

今日は、素敵なお月様の絵本紹介しますね。

それぞれの月の満月に名前をつけた、アメリカ原住民 の伝統に
敬意を表して作られた美しい本です。
絵を描いたマーク・シーゲルは、(あの、ベルベットのような光を
どう表現するか)で困り果て数ヶ月も、ずっと月を眺めていたと
いうことです。

 c0085543_12511344.jpg  
  coon moon

9月は あらぐまの おつきさま
  くろく ひかる め
ぴたぴたいう あしおと

ちいさな ちゃいろい
はなのあたまを
おつきさまは みまもる

だいすきな ちいさな 
よるの いきものたち

あしもとをてらしてあげるよ

             『ながい よるの おつきさま』
             シンシア・ライアント 作
             マーク・シーゲル   絵
                   渡辺葉   訳

ウーフ
  http://www.u-hu.net/
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-14 12:50 | 子どもの本

雨の日

c0085543_11471662.jpg


こんにちは
お元気ですか?


今日は午後すごい雨が降りました。
おまけに、すごいかみなり!!
お店にいたお客さまと、おもわず顔を見合わせてしまいました。
しばらく たたずみながら雷鳴が遠くになっていくのを待っていました。

        夕方になって、雨は細くなり一瞬雲の晴れ間に
       あたりが明るくなってほっとして外に出ると、店の花壇で
、    ミソハギがピンクのかわいい花を揺らしていました。   
   すぐそばに植えてあるマーガレットがすごい勢いなので毎年、
  もう枯れたかな・・・ とおもいきや、やっぱりすこーし秋の気配がするよ
 うになる今頃、可憐な花を咲かせてくれます。       
地味なんだけど見ているとほっとするこの花、ありがとうっていいたくなります。 


小学生のとき、みんな教室に飾る花を家から競って持っていってました。
夏休みが終わって登校するときに、庭に咲いてたミソハギをよく持っていって
ました。
だからかなー・・懐かしい感じがするのは。

季節の変わり目、すっと過去と現在と未来の隙間みたいなところに迷い込む
感じがするときがあります。
   雨のせいでしょうか?

   突然の雷鳴のせいでしょうか?


            ウーフ
           http://www.u-hu.net/
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-10 18:19 | その他

台所育児


昨日から、店の隣にある小学校の運動場から、大きなマイクの音が聞こえてきます。
もうすぐ運動会なんでしょうね・・。ときおり先生の声が大きくなってきて、私のほうまでどきどきしてしまいます。子どもたち、何を考えてるかなー。

     さて今日は坂本寛子さんの子ども用キッチン用品ご紹介します。
   
c0085543_12454258.jpg


  家の子どもたちは男の子ばかりですが、私が働いていたのでたいてい過ごすのは台所。
 早くから真似をしたがって、ハンバーグをこねたり、小麦粉を丸めたりと、粉だらけになりながら大きくなりました(ぐちゃぐちゃにはなるけれどおとなしくしていてくれたので) 包丁も早くから持たせてサラダなんかは任せてよく作ってました。小学生のときはりんごの皮を切らずに剥くのに挑戦してました。


食べることは生きること。なんて思ってます。大人の保護のもと、いつか自立して一人で生きていく子どもたちに小さなときから、うまく生きていく方法の一つとして食べ物を自分でおいしく料理できることを伝えていけるといいですよね。そこに素敵なきちんとした道具があると、もっと子どもは真剣にそれを受け止めてくれるような気がします。
c0085543_1239109.jpg

坂本寛子著『台所育児』

ウーフ  http://www.u-hu.net/
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-08 12:39 | 雑貨

ベビーマッサージ講習会をしました。



昨日の雨はすごかったです。
庭の花たちは、ほっとしている気がします。

少し時間が経ってしまいましたが、8月26日にあった
 ベビーマ ッサージ  の講習会の様子をご紹介したいと思います。

東京から、スキンアドバイザーの鈴木知佐子さんをお呼びして20組の赤ちゃんとおかあさん おばあちゃんたちとで、10組づつ時間を分けて体験しました。
やわらかな雰囲気の中ぐずる赤ちゃんもなくタウトロッフェン のベビーオイルの甘い香りに包まれて幸せな時間を過ごしました。

「まずは、赤ちゃんとのいいスキンシップの時間が持てるってことがいいんですよ。」という話から始まり、毎日そういう時間を持つことで、その日の赤ちゃんの体調がわかったり、体温を感じたりできること。子宮に抱かれていた赤ちゃんの不安を解消したり、自然な発育を促したりする、ということをお話してくれました。
もともと体の持っている潜在性をゆるやかにひきだしてくれるベビーマッサージを楽しみながらやることで、赤ちゃんへの理解、と自分の中にある愛情を育てていけるといいですね。

いつも脚が冷たいんです。と悩んでいたお母さん、マーッサージのあとお子さんの脚がぽかぽかしてるっと喜んでいらっしゃいました。

c0085543_179765.jpgベビーマッサージが終わった後は、大人の参加者にハンドマッサージ。みなさん気持ちよさそう・・・でした。
育児に追われる毎日、自分の体もいとおしいものとして大切に、ね。

タウトロッフェンの商品取り扱いあります。お気軽にご相談ください。
 TEL 0877-24-4667
 FAX 0877-24-4682
 URL http://www.u-hu.net/
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-07 16:47 | お知らせ

Lohasって?


 
 ほんのすこーし空が遠くなった気がしますね。

 私の家の庭には、なんと、ミョウガ が植えてあって、この時期
ひっそりとうすい黄色の花を咲かせています。花は、お味噌汁に
浮かべたりして、そのほんのりミョウガ!な香りを楽しんでいます。
あれ、たくさん食べると、舌が麻痺するみたいで、昔、食べ過ぎると
物忘れをする、とおばあちゃんが言ってたことを思い出します。
(そのせいかなー・・・?)

 さて、今日は、最近よく耳にする(ロハス) ってことば。
ずっと気になってたので、なんだろなー・・と調べてみました!

Lifestyle Of Health And Sustainabilityの頭文字を
とった略語で“地球環境の保護”と健康な暮らし”を優先し“地球”
と“人”の共存を志す持続可能なライフスタイルの総称だそう。


むつかしく考えていくとちょっとしんどくなるので、自分の中にうまく
取り入れて、楽しみながら暮らしていけるといいナーと思っています。

たとえば、モノを買う時に、それが本当に自分にとって必要かどうか
(告白!時々衝動買いしてしまいます)
そしてそれがリサイクルできるのもかどうか、体や環境にいいもの
かどうかなどを考えることなのかなー・・。
そこにつながっている人たちのことに思いを馳せることなのかな。

     うーん・・・うまくできるかな

少し参考になりそうな素敵な本を見つけたので紹介します。

   『シンプルライフ』
             かわしまようこ

その中から・・・・
     
      しんぷるらいふの十か条

1  自然を好きになること
2  似ているもの探しを得意にすること
3  昔ながらのものを大事にすること
4  手を動かすこと
5  収納について考えること
6  少しの材料で料理ができること
7  ゴミを小さくすること
8  小さな花を飾ること
9  小さな夢をもつこと
10 小さなことを大切にすること

              ですって・・



c0085543_16292728.jpg


       『しんぷるらいふ』より

ウーフ
http://www.u-hu.net/
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-04 16:37 | その他

クレーブスさんの人形

c0085543_1810865.jpg
こんにちは。

 今日は、昨日の雨のせいか昼間の日差しもやさしかったですね。
 夜になると、こおろぎやすずむしがなき始めました。
 新学期も始まり、お店もなんとなく秋の始まりを感じます。
 
 さてさて、前回私が作ったクレーブス人形をUPしてしまいましたが
少しだけ クレーブスさん作の本物!!の人形をご紹介します。
ドイツのエルツ地方で人形作りをするアンネ・クレーブスさんとその
工房の女性たちの手で一つ一つていねいに手作りされてる人形です。
手足が自由に動いて立ったり座ったり自在です。種類も豊富で50種類
余りあります。活発な子供の様子が表現されています。ドールハウス
遊びや、積み木遊びに大活躍してくれます。

 
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-09-01 17:56 | おもちゃ

グレーブスさんの人形

お元気ですか?
ほんのすこーし日差しが遠くなったなーと思える一日でした。
もう、そろそろ新学期の準備に入った方多いかと思います。

今日は小さなお人形をアップしてみました。

これは、実は2年に一度のアトリエ・ニキティキでの展示会の際ドイツから
グレーブスさんというエルツ山地から人形つくりをする方が見えて教えて
もらって、わたしが作ったものです。
ドールハウスで遊ぶ人形で、ひとつひとつ本当にていねいに手作りされて
います。
手足が自由に動くので、立ったり、座ったり自由です。
作ってみて初めて、そのたいへんさと、グレーブスさんの人形と子供たちへ
の愛情を感じました。


c0085543_14494881.jpg

[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-08-22 14:52 | その他

くまの子ウーフのこと

c0085543_18581399.jpg 夕方すごい雨が降りましたね。部屋にいても雨のにおいがします。
ちょっとだけ秋に近づいたかも・・。

 今日はお店の名前になっているウーフのことお話したいと思います。

ひとつの物語に出会って、その主人公が心に住みついて、成長を助けてくれることが時にあると思います。
私が『くまの子ウーフ』に出会ったのは、ちょうど店をオープンさせるかどうか迷ってばかりいた時でした。自分に自信がなく(わたしはなに?)と考える日々。

この物語の中で「ぼくはなんでできでるの?」と心に湧いた不思議を抱えて歩くウーフは私自身でした。いじわるなキツネのツネタに「おまえはおしっこをするから、おしっこでできてんだ!」といわれて泣きながらかけて行く、その途中転んでしまいます。そこで発見!「僕は涙も出るし、血もでる。そうだ、ぼくは、ぼくでできてるんだ!」

「ウーフはウーフでできている」と発見した素敵なことばは(わたしはわたしでできている!)と自分のコンプレックスを大切なものとして受け入れることを助けてくれました。

そして、作家の神沢利子さんにお手紙を書き、お店をオープンしました。
 
時を重ね、物語の中のウーフは、脱皮するへびやたけのこに出会い、小さくなったズボンをはらりと脱ぎ、成長することの喜びを知ります。
わたしはどうなんだろう・・?と自問自答しながらも、ウーフに負けないように少しづつでもぴかぴかになりたくて、たくさんの不思議を探してこうと思ってます。

くまの子ウーフのシリーズはたくさん出版されていますが、この『くまの子ウーフ』は大切な一冊です。
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-08-20 17:44

はじめまして

 今朝は、台風の影響か大粒の雨が降っていました。九州への被害がありませ
んようにと祈りながらも、埃っぽかった大地はほっと一息ついたようで、少し気分
も涼しくなりました。
 
ホームページもやっと形になりこれからは、どんどん新しいものや、いいものを提案できるといいなっと、思っています。どうぞよろしくお願いします。
私自身は、ものすごくアナログ人間なので、お店と違ってお客さまの顔が見えない声が聞こえないことへの不安はありまが、もう少し時間が経って慣れてくると、きっとpcならではのコミュニケーションを楽しむことができると、期待しています。

どうぞ、どうぞよろしくお願いします。

                       
[PR]

# by u-hu-yoko | 2006-08-18 15:28