ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ココロのヒカリ

ココロは、げんきですか?
しょんぼりしてませんか?
きゅきゅっとみがいて光らせてくださいね。
けがしたところには、ばんそうこうはりましょ。

c0085543_23125737.jpg


抽象的なモダンな色使いの中で、文字も絵のようにリズミカルに遊んでいるし
まるで、音が聞こえてくるような・・と感じるのは「もこもこもこ」と同じ。
でも、違うのは、句読点があることです。
そのことで、読んでいる・・という感覚があって
ことばが、詩になってすーっとこころに流れ込んでくるような気がします。
   
   ココロのヒカリはいつうまれる?
   たのしいきもちになったとき?
   だれかとキモチがひとつになるとき?
   みんなでおんなじうたうたうとき?
   ココロのヒカリはときにワになり、
   ときにバラバラ。
   ほのかにかがやくココロのヒカリ。
   にこにこわらうココロのヒカリ。
   どこかとおくにかくれても、
   つむじかぜとなってまいあがっても、
   ウチュウにつながるココロのヒカリ。
   はるかかなたにココロのヒカリ。
   なぞなぞみたいなココロのヒカリ、
   ひとりひとりのココロのヒカリ。
   ココロのヒカリでよがあける。




『もこもこもこ』から33年ぶりに出版された(2010年刊)
「詩人谷川俊太郎さん×画家元永定正さん」の絵本です。<文研出版>
残念なことに先日、元永定正さんはお亡くなりになりましたね。
素敵な絵本をずっと、伝えなくちゃ・・



絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックをお願いします。

[PR]
by u-hu-yoko | 2011-10-26 23:08 | 子どもの本

湯たんぽ

c0085543_22522130.jpg

「やあ~ どうもどうも」
「ゆたんぽ ひつじです」
「ゆたんぽ くまです」
「ゆたんぽ ぺんぎんです」
そして、左後ろには、ゆたんぽリスもいます。

クリスマスのものに混じって、冬の季節の物もぼちぼち入荷しています。
今年は、リスとペンギンがNEWメンバーです。
(リスが写ってなくてスミマセン)

お腹のところに湯たんぽが入るようになっています。
ほんわかな暖かさがやさしい 湯たんぽ
今は、まだまだかもしれませんが
気の早いお知らせですョ。
お店の荷解きをしながら
この時期は一年中で一番、季節の移り変わりを早く感じる頃です。

     裏山で見つけたガマズミの実。
     秋の深まりを知らせてくれました。
     鳥がついばむので、私も食べてみましたョ。
     なんと 甘酸っぱくておいしかった。
     わたし 赤い鳥になるかしらね。

c0085543_23162592.jpg





絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックをお願いします。

[PR]
by u-hu-yoko | 2011-10-17 23:14 | 雑貨

金平糖の降るところ

 窓を開けると ひんやりとした空気の中に 

 金木犀の花の香りが 舞いこんできます。

 秋の冷えはすがすがしく ものの音すら冴えてきます。

 気持ちがぴりっと ひきしまります。

 それでいてなんとなく情が深くなったりします。

 ひざにきた猫を いつにもましてぎゅっと抱きしめてしまったりして   




 こんな秋の日には たくさんの層になって畳まれている想い出を

 とりだしてならべてみたりもします。

 はるか記憶の底のほうに埋もれていた小さな事がらが

 ふいに浮かび上がりA級の想い出になったり。

 もう今となっては 本当にあったことなのか

 自分が作り変えてしまったのかわからないものもありますが

 秋の日の わたしの一人遊びです




こんなささやかなできごとがA級の想い出に変わっていく、そんな気持ちにさせてくれる作家といえば わたしには 江國 香織さん。
主人公のささやかな日常が美しくうまい!表現で描かれていて読み終わった時に、自分の人生も愛おしく感じさせてくれるから。
最新刊『金平糖の降るところ』買ってきましたよ。
 
      
 

c0085543_2350599.jpg

   
[PR]
by u-hu-yoko | 2011-10-06 23:36 | 一般書