<   2011年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

トマトさん

    今日はお休みの日。
    先生の都合で、いつものフルートのレッスンもなく
    だーれもいない
    猫のシマちゃんも外にいったまま・・・し--ん


    蝉しぐれを聞きながら、さて
    いただいた たくさんのトマトがあったので
    今年お初の ガスパチョを作りましょ
 
           にんにくをつぶしバケットとオリーブオイル、塩を混ぜて
           さらにすり鉢でごりごり
           しぼった完熟トマトの汁をいれたらできあがり
           辰巳芳子さんの『あなたのために』<文化出版局>で
           紹介されているのは、トマトを裏ごしして汁を取り出すのですが
           初めて挑戦したときにへとへとになったので、シューサーで^^
           できたら、つめたく冷やしていただきます。

  
c0085543_13333559.jpg


 大好きなトマトは、ほとんど毎日食べています。
 夏ばてした時にも食べられるので、やせっぽっちのわたしに欠かせない野菜。
 なので、もちろんこの絵本大好きです。
 『とまとさん』田中清代・作<福音館書店>

c0085543_13194390.jpg


   ある夏の昼さがり まっかにうれたトマトさんが
   トマトの木からどっかとおちて
   虫たちの応援で川につれていってもらって
   どっぷーんと泳ぐ・・
というお話なのですが
  
   なんとも大胆な筆使いと真っ赤に描かれた熟れたトマト!
   あの独特のトマトのにおいがしそうですし
   どっぷーんと冷たい水に入ったときにはひんやり冷えたトマト!
   どっかり ゆったり・・・こころが満ちてきます。 
   そうしてトマトが食べたくなります。 
   そうして食べたらトマトの気持ちがわかるかも。
   
         
         うちの庭のトマトはまだあかちゃん
         はやく大きくなあれ・・
   

  
c0085543_13355040.jpg








 絵本 木のおもちゃの店ウーフ
Eメール info@u-hu.net




↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ

[PR]

by u-hu-yoko | 2011-07-25 13:33 | 子どもの本

七島草履作りワークショップ

 10日の日曜日にウーフで草履作りのワークショップをしました。
 最近、職人さんに興味しんしん・・・
  
 子どもの頃、おばあちゃんが よく藁草履を作ってくれたり、
 縄をよったり、炭俵を編んだりしていました。
 乾いた藁や 萱のにおいと、ごつごつしたおばあちゃんの手の
 動きがおもしろくてそばにくっついて、それをながめているのが大好きでした。

 
 いつか教えてもらいたいなーと思っていましたが
 もう おばあちゃんはいなくなり、すっかりあきらめていましたが
 ひょんなことから、まだ若くして七島草履に魅せられ 
 師匠に教えを乞うて修行したという 寺田真也さんに出会い
 教えていただけることになりました。
 

c0085543_0544965.jpg


 七島はとても貴重で、今ではわずかに九州の4軒の農家でしか生産されていません。
 イグサよりも強く、柔道用の畳などに使用されているようです。
 
 青い七島のにおいを嗅ぐと背筋がのびます。触っているだけで嬉しくなります。
c0085543_103737.jpg



 午前中 やっと片足ができ、お昼は寺田さん手作りのマクロビのお弁当を
 いただき、午後 もう片足できました。
 右足と左足を同じ大きさ、形にするのが至難の業です。
 でも、できあがるとなかなかいい感じでしょ。

c0085543_125553.jpg
c0085543_131349.jpg



物を作るプロセスに関われるということは、しあわせなことで、物への気持ちも
変わってくるように思います。
七島の育ったところの風景を想像したり、刈り入れをする農家の方がどんな方かなーとか、
鼻緒の生地はどうやって染めたのかなーなどど、思いを馳せることで温かい気持ちになります。


今回参加できなかったので、もう一度やってほしいとの希望があり
平日になりますが8月の11日に同じスケジュールでワークショップ開催しますョ
道具の都合で5人までしか参加できません。
もし、ご希望がある方はお早めにお問い合わせ下さいね。






 絵本 木のおもちゃの店ウーフ
Eメール info@u-hu.net




↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ

[PR]

by u-hu-yoko | 2011-07-20 00:54 | イベント

梅しごと

c0085543_2118415.jpg

   家の山の畑には、 古い梅の木が2本あります。
   わたしの子どもの頃から ずっとあって
   毎年毎年、 たくさんの梅の実をつけています。
   梅の木はサクサク折れるので登ることもできず
   熟して落ちてくるのを待ちます。
   他にも若い木があるのですが、不思議とこの木の実がおいしくて
   おすそわけする方たちから人気です。

         拾っているかたわらから次々に落ちて、時には頭の上にこつん・・と
         しーんとした中でいると、まるでその木と対話している気持ちになります。
         頭にあたった実を拾い、においを嗅ぐとなつかしいような せつないような
         とてもあまやかで やさしいにおいがします。
         あんまり その実がきれいなのでちょっと涙ぐんでしまいそうになったりもします。
         つやつやと だまってひかる その実の真実にちかづきたいものです。
         せめて、せっせ せっせと梅干やシロップやジャムにして
         感謝して感謝して夏を迎えましょ

 
   


c0085543_21454715.jpg

  きれいなもの もうひとつ 
  子どもの頃によく食べた郷愁からか
  ブローチみたいな赤い色が かわいいからか
  やっぱりこの季節
  ながめすかめつ・・
  ほおばってしまいます。
  鳥の気持ちがわかるよな・・・
    







 絵本 木のおもちゃの店ウーフ
Eメール info@u-hu.net




↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ

[PR]

by u-hu-yoko | 2011-07-02 21:39 | その他