ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

夏のくらし


c0085543_19101894.jpgお元気ですか~
毎日暑いですね。
暑いのも困るんですが、蚊にも悩まされてます。
家が池のそばにあるからか
夕方など外にでると、あっちからもこっちからも
プ~ン・プ~ン・・・とやってきます。
そこで、かかせないのは蚊取り線香デス
わが家の夏の風物詩でもあります。

今、店頭では自然な暮らしフェアをやってます。
その中に昔ながらの除虫菊粉、でんぷん、木粉などを
使った、りんねしゃの菊花香。
殺虫力は弱いですが、その分人にもやさしいです。

c0085543_19203120.jpg

                                                       『菊花線香』892円
                                                          20コ入り
c0085543_19204876.jpgびわ葉エキス
アロエエキス1890円<さくら堂>

びわはすぐれた薬効があります。
わが家ではすり傷や虫刺され腫れなどに使ってます。
アロエは消炎効果があります。
自分でも作れるのですが、なかなかたいへんですネ。
かわいいビン入りです。
お試しください。



c0085543_19222583.jpg
『自然療法やそれらに基づいた育児や、料理、
環境などについての本もあります。
毎日過ごす、家のこと、身体を作る食べ物のこと
息をしているということ
なんで病気になるのかということ
できれば自分の体は自分で守りたいということ
年をとるという事
死ぬということ
などなど・・・・
ゆっくり、じっくり、ていねいに自分と向き合いたいですね

自然のくらしフェア、好評につき8月中も開催します。



人気なのは絹の腹巻、せっけんのいらない和紡化粧落とし
虫除けスプレー、などなど。
今日はもう少しで赤ちゃんが生まれる若いご夫婦が、
綿毛布やくつした、よだれかけなど買っていかれました。


c0085543_23595614.jpg

                 こんなフェアトレード商品で竹かごの茶こしもあります。
                 手のひらにのるほどの大きさでかわいです。
                 スリランカの女性が作りました。380円
      







絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ



[PR]
by u-hu-yoko | 2010-07-30 19:23 | 雑貨

夏休み



c0085543_21344367.jpg毎日 最高気温が更新されていきます。
暑いときは ガラス瓶に入れた 貝殻をながめて
遠くの 水のきれいだった海を思い浮かべたりしています。

学生時代の夏休み、 豊島の乳児院へボランティアに行ってたとき
砂浜で よく桜貝を拾いました。
瀬戸内海の穏やかな海とぽっかり浮かんだ島々に癒されました。

瀬戸内国際芸術祭2010が始まりました。
ぜひぜひ あちこちの島を巡ってみたいと思います。
興味のある方はどうぞこちら








絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ



[PR]
by u-hu-yoko | 2010-07-24 21:50 | その他

のっぺらぼう


    時々、お店に「なにかこわ~い絵本ないですか?」と
    訪ねられることがあります。
    
    怖い話といえば、子どもの時、となりのガキ大将の兄ちゃんが、
    よく怪談話をしてくれました。
    『皿屋敷』や『化け猫』などなど・・。
    わたしは、こわがりだったので、離れたところで耳をふさいで
    聞いたり聞かなかったり。
    お菊がお皿を「いちま~い」「にま~い」と数えて最後に
    「いちまいたりぬ~・・」というや、聞いている中の一人を指差して
    [おまえじゃ~」
    というのが、怖いやら楽しみやら、心臓がバクバク飛び出そうな気持ちで待ちました。
    で、自分を指差されたときには、しりもちをつくくらいびっくりしました。

    学生時代の文化祭では、怖がりのくせに、生徒たちが作ったおばけ屋敷に入り、
    懐中電灯で照らしてお化けになってでてきた男子生徒の顔をおもわず
    殴ってしまったこともあり・・
    

    でも、こわいお話を聞く体験は、なにか目に見えないものへの畏怖の気持ちに
    つながるものがあるような気がしますね。

  
    ではでは、こわ~い絵本ご紹介します。

      c0085543_18334133.jpg
      『のっぺらぼう』     
      杉山   亮 作
      軽部 武弘 絵
      <ポプラ社>

山にたきぎをとりにいった男の子暗くなるとこわいからね、と
母親に言われていたのをわすれてすっかり遅くなって山を下りる
その途中、来たこともないところに迷い込み一軒のかやぶきの
ぼろ家を見つけ、ほっとして家に入り、そこで出合ったのは、のっぺらぼう!
あわてて逃げ出したものの、またまた出合うのは のっぺらぼうばかり!!!!!!!!!!
   
   でもね、最後はだいじょうぶ
   ハッピーエンドですョ。

   
       語り継がれるスタンダードな日本のおばけばなしを暑い夏にいかがですか?






絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ



[PR]
by u-hu-yoko | 2010-07-22 18:30 | 子どもの本

虹ですよ~



  梅雨が明け 空には入道雲

  もくもく わたがしみたいでした

  夕方には ざーっと雨が降り
  
  そのあとに  虹

       

         虹を見つけた時って 誰かに知らせたくないですか?
       
         こころが さあっと 天にむかって いくかんじ
       
         必ず うれしくなるのはなんでかなー
 
         ちょっと気持ちがきらっとして
    
         歌っちゃおーかな~
       
         ♪ ♪ ♪

        あなたも ごいっしょにどうぞ♪ ♪ ♪










絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ



[PR]
by u-hu-yoko | 2010-07-18 22:47 | その他

息ということば


本屋さんに並んでいると必ず買ってしまう著者のひとり
谷川俊太郎さん。

見つけました!
『呼吸の本 谷川俊太郎 加藤俊郎』<サンガ>
c0085543_22593988.jpg


以前お会いした際、次々質問を浴びせかける私に
まるでバッティングセンターでボールをカキーン・・と
次々打つように みるみる答えて下さいましたが
その中で、「健康の秘訣はなんですか?」という問いに
「呼吸法」と、これまたすぐに返してくれました。
あの日から、ずっと気になっていたのですが
ついに、谷川さんの呼吸法を見つけました~

この本には谷川さんの呼吸の先生、加藤俊朗さんが谷川さんの
質問に答えながら生きる呼吸の方法を紹介しています。
おまけに<呼吸のレッスンCD>もついています。

内容もとても深いもので
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「息」という字は自らの心と書いていきと読みます。
あなたの息は心の状態を表しています。
人の命は息の仕方で決まります。
生命を大切にするには呼吸を大切にしないとね。
呼吸ははいて吸うんです。
それも気持ちをこめて・・・
などなど・・・・・・・・・・・・・・


今夜さっそくCDを聞いてみますゎ
谷川さんの歩いた道、どこまでもおっかけたいです。





絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ

[PR]
by u-hu-yoko | 2010-07-11 22:57 | 一般書

おばあちゃんの手当て食

庭の隅っこで ひっそりと咲く 星のようなどくだみの花。

c0085543_18262954.jpg


この花を見ると、おばあちゃんを思い出します。
夏ばてをする か細い私に このどくだみを洗って干し
乾いたはっぱをほうろくで炒って 煎じて飲ましてくれました。

医者に行くこともあまりなく
お腹が痛いといえば 梅肉エキス
咳がでると 大根のはちみつ漬け
やけどをすると アロエ
熱がでると すりおろしたりんご・・・などと
身近な食べ物でいたわってくれました。

かまってもらえるのが嬉しくて
ちょっと病気になりたいなーなんてこと
考えたこともありました。

手当て、は手をあてること
きっと、病気って 心が痛んで それが身体に表れるのだと思うので
痛いところに手をあてがわれながら
心をこめて、ていねいに処方されたものを口にすると
やさしく効くでしょうネ


c0085543_23261152.jpg『おばあちゃんの手当て食』
~自然の力で癒す食の処方箋~
梅崎和子 著<家の光協会>

食べること、そして自分の心と身体に
ていねいに向き合うことの大切さ
昔ながらの暮し方、生き方、生活の知恵・・
ぜひ 伝えていきたいですネ







絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ
よろしければ、クリックをお願いしますネ

[PR]
by u-hu-yoko | 2010-07-03 18:26 | 一般書