<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ナンヒェン人形

しーっ・・・おこさないでね
c0085543_20565910.jpg

きっかけは、二人の子ども達に手渡したい。そんな願いから生まれたナナ・ゼントケさんの人形達が、ドイツ、マルティンバーゲンからやってきました。
店頭では、ただ今ナンヒェンフェア開催中!
お店の一隅はあたたかな、かわいい人形たちで花が咲いたようです。


ひとつひとつ愛情込めて作られたオリジナルのお人形の素材は、ビオランドのオーガニックコットン。中には同じく100パーセントビオランド育ちの羊たちの羊毛が入っています。
お洗濯もできるので安心。

心のこもったおいしい料理をいただくと、しあわせなキモチになるように、おもちゃも、また温度のあるものは子どもたちをしあわせにしてくれるような気がします。
まして、子どもの心に寄り添うお人形、やっぱり愛情がこもったものであってほしいと思います。

ながめているだけでほあん・・としますョ


c0085543_2239912.jpg一部ご紹介・・











絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-28 22:37 | おもちゃ

しあわせ


c0085543_21341544.jpg


c0085543_21353358.jpgむかーしむかし中学生の時、グランドの端っこにクローバがどっさり生えていて、休み時間や部活の合間によつ葉を捜しました。中には5枚葉や6枚葉もあり、2枚葉を見つけると不幸になるというジンクスに一喜一憂しながら群れました。きれいな形のものを見つけると辞書の間にはさみこんで押し葉にしました。
しあわせというものが、まるで空から降ってくるように思っていた頃でした。


大人になってからは、しあわせは作っていくものなのかな・・と感じるようになりました。突然ふりかかってくる理不尽なできごとは別として、まわりの人に感謝し、あらゆるできごとは、全部自分を育ててくれると思えると、とるに足りないささやかなできごとが、一瞬のしあわせになり、そんな瞬間が積み重なって、ついにシアワセモノになるのかなーと思ったりします。
いつもキモチがほがらかでいられるといいネ。


c0085543_2284879.jpg今日は小梅を収穫。つぶつぶ小さいですが、木からもぎとると、あおくすっぱいにおいを放ってやっぱり梅の実!
5月の風に感謝




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-22 22:08 | その他

ネイチャーゲーム

今日は、地元のさぬきっず・コムシアターさんの依頼で、ネイチャーゲームの指導に青ノ山へ。
(ネイチャーゲームは、アメリカのナチュラリスト、ジョセフ・コーネルさんが発案した、五感を意識して自然を感じ、心と体で直接自然を体験する楽しいプログラムです。)

ネイチャゲームとの出会いは、お店をオープンして間もない頃、クレヨンウスの催物で知りました。
そして、日本でそれを広めている降旗信一さんをお呼びして、丸亀城でいろいろなゲームを紹介していただき、ついに初級の指導員の資格もとってしまいました。
なかなか子ども達と触れ合う機会はないのですが、今日は聴診器を使って木の鼓動を聴いたり、宝探しゲームやカメラゲームをして楽しく遊びました。

でも、ゲームも楽しそうでしたが、一番子ども達がおもしろがったのは、たんぽぽの茎で笛を作ること。
最近は、草笛を鳴らす機会があまりないからでしょうか?
最初は、なかなか音がでなかったのですが、根気よく挑戦してうまく鳴らせるようになった子が何人かいました。

<この写真は、カメラゲームで、写真を作っているところ>
c0085543_22343375.jpg

カメラゲームは、二人ペアで、一人が目を閉じた相手を見せたい景色のところへ誘導し、そこでシャッターOK合図に耳たぶをひっぱります。相手はその合図で目を開き、景色を目にやきつけます。それを三回繰り返し、その中で印象に残った景色を描きます。
みんな、熱中しています。
その姿のほほえましいこと!




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-16 22:42 | イベント

ケロポンズファミリーコンサート

昨日はケロポンズフェミリーコンサート。楽しかったです。
c0085543_2243455.jpg

ケロちゃんこと増田裕子子さんポンちゃんこと平田明子さん。
舞台の上も、日常もほとんど変わらない自然体な感じ。
一緒に居ても疲れなくてリラックスしてしまいます。
舞台の袖で幕引きなどしていた会館の人が「いい仕事させてもらいました。楽しかったです。」と言ってました。みんなをしあわせにするって、なかなか。
最近は、NHKの<おかあさんといっしょ>のプロデュースに始まり、<すくすく子育て>、コマーシャルにも出演で、うれっこです。






絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-16 22:15 | その他

花の精は

c0085543_22217.jpg


さわやかな風と陽射しの5月です

ここんとこ すこーし忙しいので

陽が高くなるにつれ ゆっくりとほどけていくバラのつぼみを

ずーっと見ていたい気持ちになったりする

   いかんいかん・・・


          

     午後 

     庭の花たちを摘んで 入院した悪友のお見舞いに 

     花の精は 弱った人のそばにいてくれるんだとか・・

          元気になあれ

     いつも好き勝手いえる人が おとなしいのは 困る






c0085543_22115449.jpg











絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-13 22:12 | その他

フェアトレード


今日は、お休みの日。
丸亀の津ノ森町にある小さなギャラリーカフェ器心地(きごごち)屋さん、で開催されているフェアトレード展をのぞいてみました。(5月8日はフェアトレードの日なのでした。)

フェアトレードとは、今のグローバルな経済機構の中で、アジアやアフリカ、中南米などの女性や小規模農家をはじめとする、社会的・経済的に立場の弱い人びとに仕事の機会をつくりだし、公正な対価を支払うことで彼らが自らの力で暮らしを向上させ、自立できるよう支援する貿易のしくみ、だそうです。

そのしくみは、途上国の中でもさらに立場の弱い、農村部の女性や小規模農家、都市のスラムに住む人びとが、ものをつくることを通じて自立を果たすことができるよう、現地のNGOや共同組合と連携して、消費者との橋渡しをします。
その際、商品がどこで誰によってどのようにつくられたかという情報を、商品と共に伝えます。消費者は、商品を買うという行動を通じて、貧困や環境破壊といった問題の解決に参加することができるのだそうです。

c0085543_23362627.jpg

ヤシの葉を編んで作ったオーナメントを持つバングラデシュの女性

何枚かの働く女性たちの、おおらかで豊かな表情のパネル写真や製品を見ながら、自分の視野の狭さを反省したり、世界規模のそのしくみの中でそれを支援している日本の女性がいることにも拍手。

そして春紅茶とスカーフを購入したのでした。






絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-10 23:55 | その他

こどもの日


いいお天気にナニワイバラものびのび・・
あたり一面、甘やかなにおいで満ちています。
c0085543_9341380.jpg


今日はこどもの日
そしてウーフのお誕生日。
21歳になりました。
『くまの子ウーフ』神沢利子作<ポプラ社>の続編には、脱皮する蝶やたけのこを見て、自分も小さくなった洋服をはらりと脱いで成長をよろこぶウーフが描かれています。
果たして、小さなお店のウーフもはらりと脱皮できたかしら・・・??と思いますが、少しづつ変化していることは確か。続けることで生まれてくる歴史は、とりもなおさずスタッフやお客様、それから出会ってきたたくさんの人やできごとから紡がれていきます。
密かに、はじめてのオープンの日を思い出しながら感謝し、初心に返った朝のはじまりです。


そして、偶然にもオープンの年は、子どもの権利条約が採択された年でもあります。
誰もがしあわせな子ども時代を送ることが出来るように、なにかできることをしないといけない、とも思います。
世界の子ども達がしあわせでありますように・・・
子どもの権利条約をもう一度読み返してみたいと思います。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-05-05 09:40 | その他