ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2009年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

たねまき

先日、テレビのクイズ番組を観ていて、
Q上手に種をまいて発芽させるのに使うと便利なものは?

①トレー
②卵のパック

とあって、答えは②
パックの底に小さな穴を開けて、種まき用の土を入れ、種をまく。そして、かしこい!
と思ったのが反対側のパックをふたにして輪ゴムをかけて、窓辺において置くのでした。


そして、この絵本のこどもたちは、卵の殻に種を蒔きました!
それをケースに並べて日のあたる場所に置いて、お世話をしていました。

c0085543_23222127.jpg

『たねそだててみよう』ヘレン J・ジョルダン作 ロレッタクルビンスキ
 さとうよういちろう 訳 <福音館書店>

小さなたねは、いつか大きくなる
りんごはりんご
デージーはデージーになる
そして また次のたねをつける植物
あたりまえのようだけど、すごいことだと思う。
あたりまえのことに中に案外いくつもの大切なことがあふれていると思う。



c0085543_23281488.jpg
春だし、種を植えるにはもってこいの季節。
卵栽培ならキッチンでもできそうです。
ケースも殻も中身もぜーんぶ使える卵おそるべし^^
ためしてみてくださいな。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-29 23:28 | 子どもの本

リネンのある生活

新しく入荷しましたよ~
リトアニアの国からリネンのエプロンやショールなどなど・・

c0085543_325413.jpg
c0085543_331170.jpg

c0085543_332766.jpg風が緑のにおいを運んでくるこの季節になると、とりわけ恋しくなります。洗うごとに肌触りのよくなってくる布を身にまとっているだけでしあわせ~と思えます。布にも素材によってそれぞれ違うにおいがありますが、リネン特有のあまいにおいはいいなー。。。。         
c0085543_322785.jpg

パリンとアイロンかけて、リネンの真っ白なハンカチをカバンにしのばせたりなんかしたら、こころのおしゃれができそうですネ^^








絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-25 03:21 | その他

1歳から100歳の夢


みんなに大事にされること

嬉しいねん

抱いて運んでもらったり

いろいろしてもらうのが嬉しい

年とって目も見えへんけど

孫に大事にされるのが嬉しい

だから毎日楽しいねん


c0085543_2250406.jpg


これは88歳の中野君子さんの夢です。




c0085543_22554644.jpg『1歳から100歳の夢』
日本ドリームプロジェクト編<いろは出版>

これは、1歳から100歳の人の夢を集めた本です。ゆっくりと一頁一頁読みすすめていくうちに、どんな人の中にもそれぞれの悲しみや喜びがあるのだなーとあらためて思わせてくれました。
生まれて間がない人たちの無垢な、まっすぐな夢が、しだいに味わい深く、春夏秋冬を感じさせるものに変わり、80歳、90歳となると、もう、全ての出来事や人の営みを受け入れて、命まるごとを慈しむかのようになっていくその緩やかな変化に、嬉しくなりました。



自分と同じ年の人のページをめくるときは、ちょっとドキドキしたりしました。
そしてその先のページにある人が、どうぞ楽しくステキな夢を持っていますように・・
と、密かに思ったりもしました。
もちろん、だいじょうぶでした。
悲しいことがあったから、
たいへんなこともあったから・・
だから、今、こんなにもしあわせな気持ちでいられる
という夢がたくさんありました。

夢は、大きくたいそうなものでなくてもいい
ささやかなものであっても
どれほど、生きる力のもとになることか

読み終えると、そんな風に思えて
自分の中に湧いてくる夢を見つけられそうな気持ちになりました。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-19 23:19 | 一般書

みつばちの家

c0085543_23385655.jpg

蜂蜜が大好きなのと、ターシャ・チューダがみつばちを飼っていたのを見た時から、ずっと、いつかみつばちを飼おう!と思っていました。
で、このあいだ田舎道を車で走っていたら、【みつばち飼ってみたい人こちら→】という手作りの看板を見つけて、急ブレーキ!即「こんにちは~」と。
中から、なんとなくくまんばちに似たおじさんが出てきて!それはそれは親切に飼いかたなどを教えてくれて巣箱も買って、ほら、このとおり。
ペンキで塗って仕上げました。
今は、そのおじさんのところで繁殖期の蜂の巣分かれを待っているところです。

そのおじさんのところへは、ある日巣分かれをした女王蜂とその群れが庭の木にやってきたのだとか・・・

最近、やたらにみつばちが少なくなっているというニュースやドキュメント。偶然にも飼いはじめる時期が重なって不思議なかんじです。だいじにしなきゃね。

巣箱は南か東向きで朝日が入るほうに向けるとよいのだとか。
朝日が差し込むと、「さあ、きょうもはたらくぞ!」と蜂が思うらしい。(くまんばちおじさん説)





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-18 00:01 | その他

ちょっと小休止

c0085543_0163044.jpg

庭の片隅でひっそりと咲いている利休梅
たくさん人に出会ったり、たくさん心が動いた日に
そばに行きたくなったりします。







絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-12 00:22 | その他

安野光雅展

c0085543_21395763.jpg


今、金比羅さんのギャラリーで開催されている安野光雅展に行ってきました。
子ども達が小さい時『旅の絵本』<福音館書店>が好きで、細かな描写の中にいろいろな場面を見つけては喜んでいたのを覚えています。今回の展示は風景画で、世界を旅しながら描いた作品が展示されていました。デジタル版画のものは販売もありましたョ。5月10日まで開催されています。


c0085543_21572259.jpg今は、こんぴらさんも桜が満開。はらはら・・と桜吹雪の中を花に酔いながら階段を登って行きました。ギャラリーは、本殿までの階段を中ほどくらいあがったところにあります。
健康にもいいです!
本殿までは785段。
なかなかユニークなホームページもあるのでご覧下さい。こちら



c0085543_2275534.jpg
しだれ桜に結び付けられたおみくじ。さてさて・・・どんな人がどんな気持ちで結びつけていったのでしょうね。本殿では長い間、じっと手を合わせて、なんどもなんども祈っていた若い青年がいました。
神様の前では誰しも素の自分をさらけだすのでしょうね。置き去りにしたたくさんの祈りを、神様はどうやって聞き届けるのでしょうね・・・




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-09 22:01 | 子どもの本

春うらら・・・

うらうらと陽光がさして
山は笑い さくらはぼんぼりのようです。

今日は琴南に配達。
川べりをのんびりと歩いている先生と小学生
なんだか、いいなー・・と一枚ぱちり
こんな日は、きっと先生も(せんせい)を忘れられる気がするなー
わたしも仕事を忘れるなー・・・(!?)


c0085543_2256143.jpg

c0085543_22571484.jpg

[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-08 23:08 | その他

赤いチョウチョ


昨日はつばめを、今日はモンシロチョウを見つけました。
チョウチョは大人になっても、見つけるとうれしくて追いかけたくなったりします。

子どもの頃、自分の部屋中にチョウを飛ばせたくて、キャバツ畑であおむしを
捕まえてきて、毎日せっせとキャベツを取り替えながら世話をしたことがあります。
みどりの宝石のようなあおむしの体がだんだん大きくなって少し黄色がかって
ころん・・とした姿になってくると部屋中のあっちこっちでさなぎになりました。
そうして、じっとじっと待っていると、
ある日、ぱたぱた、ぱたぱた・・と羽をふるわせて蝶に!
窓を開けると、次々にチョウが空を目指して飛んでいったときのことが
今でも目に浮かぶようです。
(でも、それはすっかり“わたしの物語”の中で、たぶんその時よりも、
もっときれいなシーンに書き替えられていてるような気もします。)




c0085543_23371023.jpg

    まって、まって!
    チョウチョさ~ん・・

    おいかければおいかけるほど
    ひらひらにげていく。
    
    どうやったらつかまえられるかな・・・。
    アンはいっしょうけんめいかんがえました。
    おいかけるのをやめたら
    チョウはアンのところに・・。

   



       ふっと・・力を抜いて自然体になったら
       ちかづいてくるものが
       いっぱいありそう・・・

               『あかいチョウチョ』
               市川里美
               <小学館>





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2009-04-02 23:57 | 子どもの本