<   2008年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

最高の人生の見つけ方



タイトルを見たらちょっとオモイかしら?と腰がひけてしまうのですが主演がモーガン・フリーマンとジャック・ニコルソン。監督は「スタンド・バイ・ミー」のロブ・ライナーとなると気になる~

この間のお休みの日、久しぶりに映画を観て来ました。
c0085543_23283743.jpg


         欲しいものは必ず手に入れていた大金持ちのエドワード
         実直に家族を守りながら、神を信じて生きてきたカーター
         そんな二人が、余命6ヶ月という宣告をうけ、偶然出会う。
         二人を結びつけたのは、バケットリスト(棺おけリスト)
         失意を持っていたエドワード、後悔を持っていたカーター、
         人生でやり残した ことを叶えるために、棺おけに後悔を
         持ち込まないために 生涯最後の冒険旅行に出かけます。
         リストには、「スカイダイビング」「ライオン狩り」「世界一の
         女にキスをする」・・・・・・!
       
         リストの項目がひとつひとつ実現していくなかで夢をあきらめ
         ていた男が最後にみつけた幸せ。
         そして、望むものはすべて手に入れてきたはずの男がようやく
         たどり着いた、本当に欲しかったもの。
      
 観終わった後、なぜかセンチメタルにはならず、ひたひたと
 満たされてくるキモチになりました。人間っていいなー・・っと。
 映画の中の二人が、まるで演技ではなく、俳優としてそれまで
 重ねてきた時間をも魅せてくれたようで、観た人たちの人生にも
 問いかけるようでした。

           


               これまでの人生で
     
               やらなかったこと   

               知らなかったこと 
 
               足りなかったこと

               あきらめていたこと

               目をそむけていたこと

               忘れていたこと

               忘れようとしていたこと

               ・・・・・・・・・・・・・


だんだん生きてきた時間が長くなってくると過ぎ去った時間を振り返ってその良さを感じたり、はたまたこの先のことを考えて与えられた時間でなにをするべきか、なんてことを考えたりします。願わくば、この世に悔いなし!と安らかに去っていけたらゆうことなしですけれど。
「悔いのない人生」のための処方箋に、この映画を思い出すってのもいいかも。
そのための具体的なエクササイズにバケットリストをつくったりして(^^
      
    
 



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net

      
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-29 00:27 | その他

めぐみ



c0085543_22252987.jpg


なんとなく いつもと違う小道に散歩
と、いいものに出会いました
野いちご!
触れるとぽろりと落ちそうなほどに熟していて ほおばると甘くておいしい
クサイチゴっていう名前かなー・・

時間を忘れるくらい ぱくん ぱくん と食べておすそわけの分も摘んで
指がイチゴ色になり あまずっぱいにおいになって 体中がすーっと
きれいになった気がして 上機嫌 ♪  

さっ!がんばるぞー っと


c0085543_22584987.jpg



ふいにであったら よけいにうれしいネ








絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-23 23:07 | その他

みどりの子


これ大好きなんです~
爪を緑に染めて、しゅーっとすじをとり そおっと開くと中にあかちゃん
真綿のふとんにくるまれて すやすや眠っているみどりの子
そのまんま口にほおばると あおいあおいにおい
わたしも みどりにそまります

c0085543_21472596.jpg


c0085543_2151353.jpg

グリンピースもやってきて  五月がいっぱい


そうそう・・
そらまめとグリンピースはなかよしなんです

『そらまめくんのべっど』
なかや みわ 作
<福音館>

c0085543_224467.jpg<そらまめくんのたからものはべっど。グリンピースがやってきて、ちょっとだけ眠らせてよ、とおねだりします。 でもそらまめくんはだれにも使わせません。ところがある日、べっどがなくなってしまいます。いつのまにかうずらがたまごをかえしていたのです。くるひもくるひもまっていると ついにかわいいひよこが誕生。みんなでお祝いして、ふかふかべっどで眠りました。>


    たったひと粒の中に 次のいのちをたくさん育むんでいる 小さなお豆さんたち 
    あしたの元気の元ですね 
    今夜は そらまめのべっどに眠っているつもりで おやすみなさい




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-18 22:00 | 子どもの本

ひゅるりと かぜが ふくおかで

今日はよく晴れた気持ちのいい一日でした。
お元気ですか?
風にみかんの花のにおいがするようになりました。
木々のみどりがピカピカ輝くようなこの季節はだいすきです。

みどりのはっぱとタイトルにひかれてとびついた絵本ご紹介。




c0085543_21451650.jpgげつようび
ひゅるりと かぜが ふくおかで
すとん ときから みがおちた
むしが いっぴき やってきて 
むしゃむしゃ そのみを たべました


かようび
いけの ほとりの くさむらで
ぱたぱた むしが とびだした
ぱしゃんと さかなが はねあがり
ぱくっと むしを たべました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


と、いのちの循環を描いた絵本です。
ふくだとしお+あきこ<幻冬舎>

人間は、動物を食べるのですが、ここでは「かんしゃをささげてたべました」 と結ばれています。

ここでちょっとどきんとしたりして。


なにもかもがすごいスピードで流れていく中で生き「かんしゃ」を忘れた人間は、なんだか循環の輪の中からはみだしてしまってはいないかなーと思います。
シンプルなことばと、デザイン的な絵の中に、つながっていく小さないのちへふしぎなメッセージを感じました。 






絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-15 23:09 | 子どもの本

物語の役割



私は小さいときから、よくぼーっと空想する癖があって、しかも人と話をしてる最中にも、ひとつのことばで空想が始まって、途中から話が耳に入らず適当に相槌を打ってしまって、トンチンカンなことを言うことがありますm(_ _)m


しかし!!このおかげで親に叱られたときは『家なき子』のレミになり、家で飼っていたヤギにエサをあげる時は、ハイジになり、『アンネの日記』を読んで密かに日記をつけるようになり、バーネットの『秘密の花園』を読んでからは孤独な主人公メアリーにすっかり自分を重ね裏庭に花の種をまき小さな花壇を作ったりと・・・自分をすっかり物語の主人公に置き換えることができました。
ちょっと逃避かも、とは思いますが、そうやって、遠くに自分を置くことで、その中でおぼれず悲しいこともやりすごせてきたような気がします。
これは密かに、弱い自分だけのこと、と思っていたら、小川洋子さんが『物語の役割』という本の中で、このキモチを救ってくれてました。

c0085543_2312108.jpg
『物語の役割』小川洋子<ちくまプリマー新書>
・・・・・・たとえば、非常に受け入れがたい困難な現実にぶつかったとき、人間はほとんど無意識にうちに自分の心に合うようにその現実をいろいろ変化させ、どうにかしてその現実を受け入れようとする。もうそこで一つの物語を作っているわけです。  
 あるいは現実を記憶していくときでも、ありのままに記憶するわけでは決してなく、やはり自分にとって嬉しいことはうんと膨らませて、悲しいことはうんと小さくしてというふうに、自分の記憶にあうようなものに変えて、現実を物語にして自分の中に積み重ねていく。そういう意味でいえば誰でも生きている限りは物語を必要としており、物語に助けられながら、どうにか現実と折り合いをつけているのです・・・・・・


この一節にガッテン!ガッテン!でした。
その人だけのたくさんの物語がある、と思ったら嬉しくなりませんか?
いろんな体験のなかにそのエッセンスがあるのだとしたら、人生がちょっと愛おしくなったりして

そして私のなかのエミリーは、今でも荒れ果てた花園を蘇らせるために花の種を蒔き、水をあげているのでした。いつか見事な花園をつくるため?






絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-12 23:38 | 一般書

あいたくて



たんぽぽがわたげになりました。

もう、あっという間にそんな季節ですね。

この頃、思い出すのは工藤直子さんの詩『のはらうた』

の中の<たんぽぽはるか>の詩でしょうか・・

c0085543_19493595.jpg

       あいたくて  あいたくて  きょうもわたげを  とばします

    って、ただこれだけなのですが、あいたい、ということばにはとても深くて広い意味が
    あることが、この頃になってなんとなくわかったような気がしたり・・しています。

    きっとわかーい頃なら恋人に!
    そして、置かれた立場によっては、逢いたかったり、会いたかったり、合いたかったり
    遇いたかったり、アイタカッタリ・・・なのですよね。

    でも、その時々にであったもの、こと、すべて今の自分をつくってくれたもの。
    きっとこれからもたくさんの何かに出あって行くでしょうね。

    そこにあるメッセージをちゃんと受け取りながら、変わっていけますように
    そして、自分もまたメッセージを送れますように


    いい風が吹きますように・・・





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-08 20:29 | その他

ありがとう


c0085543_2185720.jpg


   5月5日は子どもの日、そしてお店『ウーフ 』の誕生日でした。
   19歳になりました。(パチパチパチ)

   お店の前には、たぶん鳥が運んできたのでしょうね、何年か前にやってきた  
   野いばらが今年も真っ白な花を咲かせました。花アブや、写真を撮るおじさん
   などもやってきます。
   枝がどんどん伸びるのでざっくりざっくり切るのですが、とても元気です。
   しあわせがこぼれ咲くようで、なんだかとても元気なキモチになります。


    お店の前にどんどん緑があふれていくごとに時間の流れを感じます。
   木のドアを開けて訪れて下さるお客様、イベントでお呼びした作家の方々・・・
   たくさんの方々に見守られながらウーフは年を重ねてきました。
   19年という長いようで短い時。曲がりなりにも続けてきた中で生まれてきた歴史は
   私にとって大切な宝物です。いまさらながら出会った方たちに感謝です。

 



   あなたにも野ばらのプレゼントで~す♪
c0085543_212448.jpg




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-05-06 02:19