<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

そらにらくがき

c0085543_71107.jpg




c0085543_71205.jpg

        土筆  

        きみは

      なんと かきますか?

 











絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
   
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-29 07:22 | その他

キッズフェスティバル

お知らせです。

3月29日、30日と宇多津町のうたづユープラザで開催される
キッズフェスティバルに参加させていただけることになりました。   
時間は10:30~16:30
参加費は無料です。

ウーフコーナーを視聴覚室に設置。
輸入元メーカー株)ジョルダンの協力で、ドイツで数々の賞を受賞している
セレクタ社やハバ社のゲームを多数展示即売。
ジョルダンからも、おもちゃコーディネーター方のが2名来て下さって
年齢ごとに遊べるコーナーを設けて、遊びの説明をして下さいます。



また、両日の13:00からはおもちゃコーディネーターの宍戸信子さんによる
『ゲーム遊びで育つもの』という内容で、おはなしやワークショップがあります。
こちらへの参加は300円の参加費が必要です。

ご家族で、おひとりで、仲間と、ぜひお近くの方、ご遠方の方、遊びにきてくださ~い!


日本でゲームというとコンピューターゲームですが、ドイツではボードゲーム。
ゲーム遊びは、勝ったり負けたり、ルールを守ったり、作戦を練ったり・・・
といろんな体験ができます。
小さな子どもが初めて出会う社会は家族です。その中で社会性も芽生えます。
2、3歳頃から遊べるゲームあそびはたくさんあります。
楽しく遊びながら、人と関わる楽しさやルールを守るチカラを育めるゲームあそび
見直していただける機会になるといいなーと思います。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-28 08:37 | イベント

わらった



その昔、高校生だったある数学の時間のこと。

わたしの机は教壇のまん前。
末子ちゃんというよく笑う子の隣でした。
なにがおかしかったのか、もう忘れましたが
どちらかが笑い始めて、声を押し殺して笑い合い
やっとどちらかが止むとまた片方が笑い出し
どーしても止まらず、ついに教壇にいる先生まで笑い出して
えらいことしてしまった思い出があります。


しかし、今でも思い出すと笑ってしまいそうで
なぜかたのしい気分になります。


『わらった』を読んだ時、その気持ちを思い出しました。
ナンセンス絵本の名手内田麟太郎さんと、元気な絵を描く
竹内通雅さんとのコラボ<絵本館>



c0085543_2210147.jpg
「ツバメはたべました。」からはじまり

とかげがおっかけたり

ごりらがねすぎたり・・

みんながなきだしたり。

でも、さいごに「あはははは」と

ぼくがわらっておしまいになります。


「あはははは」のところで、いっしょに大笑いしてしまいます。

絵が先だったのか、文が先だったのか知りたくなる絵本です。


         
天照大神が笑い声をきいて岩戸を開いたように、
笑いは古来、人の心を引きつけるもの。
笑うからしあわせなのではなくて
しあわせになりたくて人はわらうのかなーなんて思ったりします。

あっはは・・と笑う人の心の中には、それまでにいくつもの悲しさや嬉しさ・・などなどを
ひとやま、ふたやま越えてきたからこそ、のおかしさがあるんでしょうね。

自分の身にいろんな、とんでもないことが起こったとしても
それを、笑いに変えて笑い飛ばせたらいいだろうーなーと思います。
まだまだ、ちょっとのことでも、顔をひきつらせて笑っている自分がいますが
岩戸を開かせられるような笑いを身につけたいものですぅ~




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-25 22:32 | 子どもの本

春だなーと思うこと



アー・・春だなーと思うことのひとつに
庭のこぶしの白い花がふっくら開くこと。

今日はぽかぽか、草や花がうーんと背伸びしたことでしょう。
わたしは、けっこう弱虫なので、庭の草木に励ましてもらうこといっぱい。

c0085543_21105314.jpg





c0085543_2112615.jpg
時々にげだそうとすると、
こら!と言ってる様に見えます。

青空にあんまり映えるから、
まぶしいよね、こぶし・・




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-21 21:15 | その他

『くじらのバース』



『おおきくなるっていうことは』の絵を描いた
村上康成さんの新刊『くじらのバース』<ひさかたチャイルド>です。
c0085543_2323258.jpg


ウルトラマリンブルー(だとおもうんですが・・)の中に描かれた鯨がほんとに生きているようで、
その青の中に潜っていっているような気持ちになります。


昨年夏、小笠原諸島を旅して、イルカと泳いだり、アオウミガメと泳いだり・・と、初めて見る海の青に感動されたそうです。そして、クジラに会ったのは沖縄の海。
バースの舞台はそんな複合なのだそうです。


     お話は、南の島に住む少年ナリンと
     ザトウクジラのバースの出会い。

     バースは、北と南の海を旅する旅の間に、
     サメにかじられたり、いろんな事があって傷だらけ。

     ナリンも野球の練習で傷だらけ。
     でも、だんだん、うまくなっていく。

     新しい春が訪れ、バースにはあかちゃん・・
    



村上さんは、よく旅をされるそうです。モンゴルの大自然の中に釣にも出かけます。
そこで感じる自然への畏怖、というか・・・感動というか・・・すごさ・・というか・・美しさと
いうか・・・  ・・・・・・・( だんだんわからなくなりました~)
なんだか、そこにいたことを、そのままの自分を、一冊の絵本の中に落としているのだなー
と、勝手に思ったりしています。


その絵本の中に落ち込んで、バースといっしょに泳いでみたいなー

c0085543_2334270.jpg





    c0085543_6595650.jpg

← 強運なともだちが商店街の年末抽選会で、なんとグアム旅行を当てて、ただで連れて行ってもらったやはり強運のわたし。年も考えず、潜りたおしました。帰ったら中耳炎(涙)
地球の胎内にいるような浮遊感が忘れられません。またいきたいな~
だれかくじ当たりません?




村上康成美術館もありますよ

絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-15 23:41 | 子どもの本

ホー・・・ホケキョ



ぽかぽか・・やわらかな春の風が吹いてきましたね。

3日前に、ウグイスの初鳴きを聞いてホー・・と思っていたら

今日はあちこちでホーホケキョ♪♪

庭の赤いボケの花の蜜を飲みに(?)メジロも2羽そろってやってきました。




今日は、『絵本の部屋』でした。

参加する親子連れの方々も、春らしい服装でした。

抱っこされてきていた子が、手をつながれて

元気よく歩いてきて、あいさつなんかしてくれると

うれしいですね~

スタッフの今日子さんが、ももの花を持ってきて

わらべうたや、折り紙や絵本を読んだりと楽しそうでした。

(実は、すごーく考えて準備しているんですよ)

のんびりおだやかな時間・・

平和な一日でした。





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-13 23:09 | その他

おきくなるっていうことは


春ごとに、別れがあったり新しい出会いがあったりで
嬉しかったり、悲しかったりするものだから
何もない年でも、夜の空気が少しやわらかくなり
ほの甘いにおいがするようになると、切ない気持ちになります。
毎年、その切なさはだんだん鈍くなる一方、小さな子たちを見ると
まぶしくて、かわいくて、生きてるだけできれいだなー・・なんて
思います。なーんかきらきらして見えるんですよね~
(年かな???)



c0085543_2330378.jpg


                     中川ひろたか・作
                     村上康成  ・絵
                     <童心社>

   

          おおきくなるっていうことは、どんなことでしょうか?
          洋服が小さくなるっていうこと。
          新しい歯が生えてくるっていうこと。
          水に顔を長くつけられるってこと。
          あんまり泣かないっていうこと・・・。

          またひとつおおきくなった。おめでとう、みんな。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-10 23:58 | 子どもの本

道草


c0085543_21383617.jpg



昨日、さむーい!と思っていたのに、今日はぽかぽか。
出勤途中の野原にぺんぺん草、こと、ナズナの花があたり一面に咲いていました。
かわいい!!寝転がりながら写真を撮っていたら、近くの工事現場のおじさんがへんな顔してこちらを見ていました。
目が合うと、ささっと目をそらしました。

“道草”がうれしい今日でした。

紫色のホトケノザ、も、咲いていて春にふいうちされました。

c0085543_21495291.jpg






絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-06 21:39 | その他

春なのにネ


今日は啓蟄。
春の陽気にのこのこ・・と虫たちが地上に這い出す日?
でも、そんな気配は無く、「北海道は氷点下10度です」というニュースが流れ、ひんやりとした一日でした。
早春の頃の冷え込みは、ちょっと気分的に冬より寒いかんじ。
ちょこっと芽をだした草花や野菜なんかびっくりするでしょうね。

こんな日は、冬のなごりをたのしみましょうか。
お正月頃買ってきたねこやなぎがまだまだ元気で、よーく見ると花瓶の中でねっこを出していました。強いですね~
c0085543_2256252.jpg


絵本のお話に、「ある男の子が、ねこやなぎをお布団に入れていっしょに眠っていたら、朝目が覚めた時、ネコになっていました。」というのがあって、三歳の次男はそれを信じて、ずっとねこやなぎをお布団に入れて眠っていました。
でも、本当であれ、うそであれ、子どもの中で、ものがたりが動き始めた時、そのお話は、はじめて“おはなし”として息づくものなのでしょうね。
小さな手の中ににぎりしめられたねこやなぎ。
きっと彼の夢の中では銀色のネコになっていたかもね。

ふー・・それにしても、さむ~い。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-05 23:17 | その他

あかちゃんサーラ講習会


今日は、佐々木奈々子さんと、助手で、ぱたぽん(ウォルドルフ人形講師の会)の榛地裕子さんをお呼びして『あかちゃんサーラ』の講習会。
ふわりとチャーミングな奈々子さんと一緒の時間は、ひつじのように穏やかで
あっという間に時間が経ってしまいました。

今回は、奈々子さんの新しい作品ということで、参加者になり初めて作りました。
あたふたと、講習のながれを気にしながら、やっとやっとついていきました。
教えてもらって作るのは、楽しかったです!

c0085543_20331971.jpg


ちくちく手仕事をしながら流れていく時間の、ゆるやかで、温度のある時間っていいなー・・
なんたって、羊毛のいいにおいとやわらかな感触は気持ちをやさしくしてくれますよね。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2008-03-02 20:42 | イベント