ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

雪うさぎ



夜に、なんだか外に誰かいるような気配。

かさこそ・・


    
      朝起きて窓の外をみると、雪!

      うきうき。

      ながぐつをはいて、いっぱい足跡をつけて

      それから作りました、 雪うさぎ

      だいぶ、鳥が食べてしましましたが、南天の赤い実を目に。

c0085543_22144115.jpg


      2月号通信を作っていたので、徹夜気味のわたしの目もうさぎさん。
 
      もうすぐできますからね。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-30 22:14 | その他

高畠純おはなし会


今日は、三豊市三野町高畠純さんの講演会で、本の販売をさせていただきました。
主催は絵本の読み聞かせの活動をされている、ももの会。
こどもゆめ基金の助成活動として開催されました。


c0085543_22424.jpg
高畠純さんは、初めてお会いするので、どんな方かなー・・と楽しみにして参加させていただきました。


c0085543_2261889.jpg大切なのは、ひらめきです!と本を製作する上でのエピソードなどもまじえながら終始おだやかにお話してくださいました。参加者も、高畠さんにヒントをいただきながらそのひらめきを絵に描いてみたりしました。おしまいには、だんだんコツをつかめて固定概念にとらわれない発想もできるように(ちょっと)なってきました。



毎年、いろいろな方の講演会を開いてくださって、本の販売をさせていただいていますが、いつも新しい出会いにわくわくします。
参加される方々も顔見知りもたくさんいて、会としても育ってきているなー・・と。継続は力なり!ということを感じます。
影ながらエールを送りたいです!


c0085543_2293787.jpg『だれのじてんしゃ』ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞作
<フレーベル館>


c0085543_22122015.jpg『のどからあいうえお』斉藤洋さんとの合作
のどからいろんなものがでてきます!
ひらめきがおもしろい絵本です。
<偕成社>



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-27 22:20 | イベント

水仙



一昨日の夜から、雪がやってきました。
寒いけど、子犬のような気持ち(?)になってなんども外を見にいきました。
しんしんと音が聞こえてくるようでした。
なにもかもが真っ白になると、なんでか気持ちも白くなるような気がするのが不思議です。



でも、
もう、今日はすっかり溶けてしまいました。
ひんやりした空気の中で水仙の花が凛として咲いていました(ほれぼれ・・・)


c0085543_23105454.jpg





昨日、今日とお店の棚おろし。
たくさんの方にいいものをちゃんと届けられるように商品の管理はだいじな仕事のひとつです。なにせコンピューターのように整理できないので、なにが、どこに、どれだけあるかを一目瞭然にするには、どうすればいいかな~と悩みます。う~ん・・・



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-22 23:32 | その他

羊毛講習会



昨日は香川県総合リハビリテーションセンターの通園施設におじゃまして羊毛でポシェット作りをしました。c0085543_223211.jpg

ここには、私の先輩がいます。
かつて学生時代に初めて実習に行った先の福祉施設で出会って、ボランティアサークルで一緒に活動しながらいろんなことを教えてもらい、今も時々お世話になっています。



人の出会いは不思議なものです。
ほんの少しの間であっても、もうずっと昔から一緒にいたかように、ことばは少なくても分かり合える人もいるし、ずっと長くいてもなぜかちぐはぐして、心が通わず離れていく人もいます。

また、そこの場所にいったとたん、少しの違和感も無く和んでしまうことがあれば、ステキな環境であるのにも関わらず、いごごちの悪さにはやく帰りたいと思ってしまうこともあります。


リハビリセンターは2度目ですが、最初の時からまったく緊張せず、南の窓からお日様の陽ざしがぽかぽかとぽかと温かいお部屋で、講習させていただきました。

c0085543_22255068.jpgお気に入りの色の羊毛をお魚トレー(べつにお魚でなくてもよいデス)の周りに巻きつけてサクサクニードル針で模様をつけて、石鹸水の中でゴシゴシフェルト化させればできあがり!


c0085543_22204155.jpg



最後にチョキンと切って中のトレーをだせば
OK。ひもをつけたらポシェットになります。




c0085543_22293485.jpg

ここには人を人として受け入れるゆったりとしたなにかがあるような気がします。人を緊張させないなにか。うまくいえませんが。


ゆっくりゆっくり羊毛で遊びながら、その、なにかを思い出したような時間でした。


c0085543_22473049.jpg



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-19 22:40

蜂蜜の家


冬、学校からの帰り道、かならず通ったのは、椿の木が生茂る道。
なにが目的かというと、椿の花の蜜を吸うこと。
花をすーっ・・とぬいてとって、その根元をすうと甘い蜜が飲めたのです。
雨上がりの日には、たっぷり。

道草をしながら、いろんな花の蜜をすうことが楽しみでした。
(春は、あかつめ草がうまいです)

それは、ミツバチの蜜をいつかなめてみたいという夢にとってかわり、
今では、おいしい蜂蜜を集めるのが大好きです。

c0085543_22572948.jpgみかん、ひまわり、百花、れんげ、などなど・・花によって、はちみつの色も香りも違って、くまのぷーさんにみせてあげたいです。ここにはありませんが、一番すきなのは、クローバです。




c0085543_2258030.jpg蜂蜜にちなんで、蜂蜜色の表紙の本『蜂蜜の家』もおもしろかったです。

見開いて読み進めていくと、最初はほろ苦かった主人公の気持ちが最後にははちみつをなめたかのように、ほのあまく満たされていくようで、読み終えた時にはほっとしました。




東京の会社をやめ、母親の反対を振り切って山村の養蜂場「蜂蜜の家」で働くようになった理恵。リストカットの傷をもつシングルマザーの女性経営者をはじめ、ぶっきらぼうだけど蜂への情熱は人一倍の先輩や、摂食障害で心を閉ざしている同僚など、一風変わった人たちに囲まれた職場での新しい日々の中で、理恵はしだいに心を開いていく、というお話です。


自然の中で、蜂の群れの営みに理恵のこころが開いていくのが、なんだか雪解けのようで、温かくて、おいしいものがたりです。

『蜂蜜の家』
 加藤幸子
<理論社>



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-15 23:49 | 子どもの本

おはよ!

       冬の朝

       落ち葉のふとんをもちあげて

         やあ・・とあいさつ

                 朝露でおしゃれして


c0085543_21531952.jpg


ダイヤモンドリリーだったかな
こんな日は、うれしいな



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-13 22:06

ゴムまり出演




  最近、ゴムまりがウーフで人気です。
  てんてんといい音がしてよく弾むのは、やはり昔ながらのゴムのまり。


  先日も遠くから、まりを捜してきてくださったお客様がいらっしゃって
  やっと、あった!とても喜んでくださいました。

  「どーしてもなかったのに、なんでここにはあるんですか?」
  とも、聞かれました。
  はて、どうして・・・
  まりつきは、子どもの時に朝から晩までやっていたこともあって、
  とても楽しかった経験は、ぜひとも伝えたい!と思う老婆心でしょうか。
  遠くから、さがして来てくださる方がいるとは、
  こちらも嬉しいかぎりです。
  なんといっても音、弾み方、手触りがいいですね。


  そのゴムまり、ついに舞台に出演。
  なんと、文学座 から注文があったのです。

  今、長崎での公演『長崎ぶらぶら節』(なかにし礼作)で、
  使われているそうです。
  いったい、どんな役をこなしているでしょうか・・
  ああ、観たいな~
  どうぞ、お近くの方は行ってくださいな。
  その時は、まりも見てやってくださいネ。

  

 c0085543_2252225.jpg
  まりつきしてみませんか?
  DVD もありますョ
  わたしも、Myまり持ってます。





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-10 22:59 | おもちゃ

ついてみてね、紙風船



なんだか、やることなすこと糸がもつれるみたいに、妙にうまくいかない日ってありませんか?
今日は、小さないくつもの失敗が重なって、どーん・・と落ち込んでしまいました!!
朝から、いつも順番にこなしていくことが、すごく時間がかかってしまってちぐはぐし始めて、どこかで調整しようと思うのに、うまくいかなくて、どんどんやるべきことがトンチンカン★
あやまってばっかり・・

c0085543_2232527.jpgこんなときって、紙風船ついてみたりもいいかなー・・
ふうわり、落ちてくる空気のかたまりをぽんぽんとうつ。
あがれ、あがれ
こまったきもちが
あがったりさがったり・・

紙風船は、つぶれそうでつぶれなく、ゆっくりとあがっていく。


ひとつ、ふたつと、つくごとにもつれた糸がちょっとほぐれていくかんじ。誰が考えたのかな、紙風船。
小さい時くすりやのおじさんが持ってきてくれていました。だから効くのかな・・


絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net


紙風船ありますョ
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-08 22:37

365日の自分




中学、高校とナイーブだった時期にはずっと日記を書いていましたが、だんだん、だんだん、「ま、いっか・・」が口癖になってしまったいい加減な大人になってからは、新しい年になると日記帳を買って日記をつけよう!と決心するのですが、続いたためしはなく、美しい表紙の日記帳は本といっしょに並んで、ついにメモ帳や、スケッチブックになってしまったりしています。

でも、そんなわたしにちょうどいい本を見つけました。
書かなくても書いてくれているのです。

一月一日から一年間、毎日、シンプルな生活の中で、ほんとうに大切なことを見つけるためにひとつづつのメッセージが書かれてあります。

初版は1997年
以前から気になっていた本ですが、今年思い立って購入しました。


c0085543_2244515.jpg

『シンプルな豊かさ』
ー癒しと喜びのデイブックー
サラ・バン・ブラティック
延原泰子 訳
<早川書房>




                 Januuary

            新しい始まりと懐かしい思い出の月。
           一月が招いている。さあ、冬にすばらしい
           魔法をかけさせよう。つんと寒い、ウールの
           マフラーの日。長くて暗い夜の、いいにおい
           のする夕食や活発な会話もしくは孤独の楽
           しみ。外では雪がしんしんと降り、気温が下
           がる。自然はすべて平穏である。わたしたち
           もそうならなければ。暖炉に近づこう。今月は
           夢見る月。これからの一年と、心の旅を楽しみ
           に待つ月。



呼吸をするように、毎日ゆるやかに、豊かさと欠乏が平行する中で、自分の
中心を見つけていけるといいなーと思います。さあ、新しい年を歓迎しましょ



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2008-01-04 23:43 | 一般書