<   2007年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

新しい年に乾杯!


あけましておめでとうございます!

毎年、暮れからお正月にかけて、まるで遅れそうな電車に駆け込むような気持ちですが、それでも、元旦の朝は気持ちの中でカレンダーを掛けかえます。

きっとお正月でもなかったら、なんとなくの日々は累積され、ものごとを振り返って考えることもあまりしないかもしれませんね。

世界中で新しい朝はやってきます。生きている人の数だけある2008年のはじまり。
誰もにしあわせな一年がやってきますように・・・


小学校の時、よく「ことしの抱負」を書かされました。
さて、私は今年はたくさん感動したいです。本当は遠くに旅をして、まだ見たことのない世界をいっぱい見たいと思いますが、最近はささやかな日常の中で小さなできごとにふと、胸があつくなることもあったりで、思考の中で旅する自由さを発見。美しい写真や絵、音楽、本それらは、なんどでもこころの琴線に触れてくれます。


今年、わたし流のすてきなメロディがうまれますように・・


絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-31 22:19 | その他

メリークリスマス!


今夜はクリスマスイヴ。
ウーフのおもちゃたち、ちゃんと出番を間違えずにがんばっているでしょうか?

ウーフのドアをくぐった人たちがしあわせでありますように・・・
ヘタクソですが、祈りを込めてリースを作りました。
c0085543_21424315.jpg



たくさんの家族に囲まれてにぎやかに過ごす人、恋人とあったかーい時間を過ごす人、仲間でわいわい過ごす人、ひとりで静かに過ごす人・・・その誰もに平等に夜はやってきて、それぞれのものがたりがうまれます。そのどれもが、かけがえのないその人だけの大切な時間。
メりークリスマス!!

c0085543_21393390.jpg
いつだったか、店の裏に小さな鉢植えのヒイラギを置いていたら、知らない間に植木鉢の底から根をおろし、アスファルトにもめげず私の背をとっくに越してしまって、今年初めて赤い実をたくさんつけました。
「メりークリスマス!」っていってるみたいです。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-24 22:00 | その他

ネイチャー・ノート

c0085543_21103359.jpg



先日、山にゆずを採りにいきました。
桃栗三年、柿八年。梨は十五で実を結び、柚子の大馬鹿二十年・・・
(おおばか、といわれるゆずに、昔から妙に親近感を感じてオリマシタ)
といわれるけど、かれこれ40年以上は経っている大きなゆずの木。

見るのは美しいですが、枝にはつまようじくらいのとげがいっぱいです。
その木に登って実をもぐのは私の毎年の仕事。
傷だらけになりながら、それでもいいにおいのするきれいな色の実をもぐのは嬉しいことです。
ひとつもぎ、ふたつもいでいるうちに、だんだん元気になる気がします。
「ありがとね、ゆず」な~んてひとりごとも!(あやしい・・)


そして、今日は冬至ですね。

かぼちゃを炊いて、ほくほくいただき、ゆず湯につかりました。
いきててよかったーっと素直に思えるひととき。
嫌なことがあっても、忙しくて失敗をいっぱいしたとしても、やらねばならないことが山積みでも!その一瞬だけはなにも考えず、しあわせだなーと思えること。
そんな瞬間をいっぱいつくったら、なんだか、ずっとがんばれそー。
明日もファイト!!




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-22 22:02 | その他

お元気ですか?


おひさしぶりです!
ここんとこ、まるでおもちゃ箱をひっくりかえしたような・・とはこのこと?
(そりゃそうです。おもちゃ屋ですから)と自分で突っ込みを入れながら、クリスマスプレゼントを買いにこられるお客さまとお話したり、荷物の配送などに精を出しています。

「だれのおうちにいくのかなー・・」と手にとってくれるのを待っているおもちゃたちをピカピカにして棚においてあげねば、と思いつつ、クリスマスまで、あと8日になりました。


こんな中、あわてんぼうの私には、自然の中でふうーっ・・と深く息をしてなんにも考えない時間はとてもだいじ。

初冬の風の中で、がんばってるさくらのはっぱを見つけました。
c0085543_081556.jpg

寒い冬を越すために木は、葉っぱへの栄養を断ち切るのだそうな・・
そして葉っぱの中のでんぷんが変化して色づき、ぱらりと木から離れるのです。なんと潔く、美しいこと!
わたしもがんばらなくっちゃと思った今日なのでした。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-19 00:18 | その他

プロフェッショナル



先日の、NHK『プロフェショナル』は、絵本作家の荒井良二さんでした。
いつも絵本を通してしか考えなかった、荒井さんの想いとか、歴史とか、その他のいろいろに、あらためて、びっくり。
また、絵を描く手が止まって逡巡している中に厳しさを見たりもしました。
ほんとうに自由になろうとするための模索をしながら、でもとても、楽しそうで・・一冊の絵本ができあがることが、すごいことなんだ!と思いました。

自分の中のおとながむくむくと顔を出し始めると「まずいなー・・」
子どもたちとのワークショップの中で、子どもから対等にみられると「よしよし・・」とつぶやく。
そして、本当のプロとは、という問いかけには「プロということをどれだけ忘れて没頭できるかということ」と答える。

まだまだ・・・という荒井さんのこれまでと、これからに目が離せません。


2月の17日には、ウーフ主催でワークショップを開催します。
実は、わたしが自由になりたいので。
自由になりたい人集まれー



c0085543_22201985.jpg『ぼくのおとぎ話からの手紙』
<フレーベル館>から新しく出ました。

一月から12月まで、バスやスープなべやマフラーにあてた手紙が、荒井さんの自筆で書かれています。読んでいると、荒井さんの中のこどもと、わたしの中のこどもが一緒に遊びだす感じがします。おとぎの国にいけそうです。





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-13 22:29 | 子どもの本

感受性のありか



特に干し柿が食べたい!というわけでもないし、ゼッタイたくわんは自分で漬けたものでないと!というこだわりがあるわけではないけれど、その季節をおもいっきり楽しみたいと思った時、やっぱり一番いい方法は、私の場合その季節の食べ物をいかに保存するか・・というところにいきついてしまいます。

ひとつには、その季節のうつろいの中で母や祖母が営んできた手仕事の温かさが、最近、無性に懐かしく思い出されるのです。


いつだったか祖母にさぬきならではの、打ち込みうどん(しっぽくうどん)の作り方を教えてもらっていた時に、「塩はこれくらい・・・でこれくらい練って・・」と、(今のように何グラムではなくて!)
見よう見まねで、初めて作った打ち込みうどんは、しょっぱかったでした。

でも、あんなにめんどうだった、生活の中の手間ひまが、やっと今頃になってかけがえのない時間だと思い始め、もう、遅すぎるかもしれない・・・けれど、これまで生きてきた中で培ってきた自分の感受性の源を知りたいと思うようになりました。


c0085543_2144376.jpg漬けるためにだいこんを干し、渋柿を干し、母や、祖母の営みのあとを、見よう見まねでたどっていきたいと思う、ことしの冬のはじまりなのでした。


c0085543_2204513.jpg




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-10 21:53 | その他

天使


店頭に並んでいる商品は、主には自分でセレクトしたものがほとんどなのですが、中にはお客様のご注文がきっかけで、思いもかけずやってくるものもあります。そんな中のひとつがこれ、オストハイマーの天使です。
c0085543_2394214.jpg

カラフルなクリスマスのおもちゃたちの中で、木肌の白さが際立ち存在感があります。おもちゃたち・・いえいえお店を、守ってくれているような静かなたたずまいです。時々目が合うような気がして、自分のこころのよわーいところを、よしよしとなでてくれます・・・

以前オストハイマー社を見学した時に、ひとつひとつ手作りしている職場の雰囲気がやさしく穏やかだったことを思い出します。

どんな方のところにいくのかなー・・なんていつも思ってしまいます。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-08 23:29 | おもちゃ

こまったクリスマス


この季節になると
たくさんクリスマスの絵本が入ってきます。


c0085543_22523828.jpg『こまったクリスマス』R・ジョンソン 文/バーナデット 絵/ もき かずこ 訳
はサンタクロースのおじいさんが困ってしまうはなしです。

どうして困ったかというと、トナカイのラインハルトとグリゼルダが、
自分たちもクリスマスイブを楽しみたいのにと、田舎の親せきを訪ねにいって、
いなくなってしまうという話。

すっかり困ったおじいさんは、他の動物にたのみにいって、ライオンや、リュウやロバやゾウ・・・といっしょにでかけます。

ですが、ですが、ハプニングだらけ。あ~あ・・と思いますが
最後はだいじょうぶ!無事に仕事を終えてかえってくると・・・
(一番いいナーと思ったのは、最後に「サンタはラインハルトとグリゼルダをぎゅっとだきしめました」というところです)
c0085543_22544536.jpg


わたしもサンタさんにギュッとしてほしいなー・・なんっちゃって、こまったヨーコさん!



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-04 23:02 | 子どもの本

冬のはじまり


やってきましたね。12月
庭で、チャッ チャッと鳴く鳥がボケの木に止まっていたのを見つけ、撮らなきゃ!と
思い立って部屋にとって返し、カメラをもってそおっと近づいたら、約束どおり、
という感じで、飛び立ちました。

そういうときの、なんというか、朝の空気の中に取り残された気持ちが、ぽっかり雲みたいに浮かんでいてしーんと静か。なので、君が撮りたかったんだよ!とばかりに、すっかり冬支度も終わったハナミズキを主役にして、ぱちり!
c0085543_20472114.jpg


鳴いてた鳥を図鑑で調べたらセッカという鳥らしい。



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-12-01 20:47 | その他