ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お店訪問



今日は、午前中はお隣の城東小学校の2年生が社会の授業でお店にやってきました。
せ~のッで、「おはようございます」とあいさつをして、お店の中を見学。

c0085543_23364318.jpg
最初は恥ずかしそうに、していた子も、『クーゲルバーン』や『小さな大工さん』などを見つけると歓声をあげるなどして、にこにこと嬉しそうでした。手に持ってるのは、探検ノートだそうです。





c0085543_23414813.jpg見学が終わったあとは、フリースペースに移動していろんな質問を聞きました。「一番高いおもちゃは?」とか「一番苦労することは?」とかの質問もあったり「どうしておもちゃ屋をしたのか?」などなど
自分のこころに問いかけながら、まっすぐなキラキラした視線にどきどきしながら答えました。

そして、また、せ~のッ「ありがとうございました」といって帰っていきました。



そして午後は、四国学院大学の児童文化のゼミの学生たちがバスツアーでやってきました。
若いって、ほんとにそれだけできれいですね!最近よく思います。いのちがピカピカしているかんじです。フリースペースで、子どもにとってのおもちゃの大切さや、遊びや絵本についてお話をさせていただきました。店をオープンする時の決心なんかも、語ってしまいました~
話が終わってから、店内を見学。お買い物もしてくださって、なんだか花が咲いたようでした。


私は失敗だらけでここまできましたが、そんなこんなの経験を活かして、これから幼児教育の現場に出て行く人や子育てをする人たちに、エールがおくれたらいいなーと思います。

ぎゅーぎゅーでしたが、今日は、お店もうれしそうでした。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-30 00:00 | その他

新しい気持ち


ホームページをリニュアルしました!
一年前におぼつかない手でキーボードを打ちながら、なんとか操作もスムーズにできるようになりいろいろなことが形になりつつあります。(わたしを知る人は奇跡にちかいといっている!)
なんといっても、落ち込むのもたびたびですが、そのたびにワラをつかみ、なんとか前に向いてきた、たまものでアリマス。(えへん!)(ゴホゴホッ)

まだまだ、直したいところはいっぱいありますが、少しづつ作りこんでいきたいと思います。
こうすればいいんじゃない?というところがありましたら、教えてくださいね。

この、ブログも少し変えてスタッフそれぞれのページを作ろうかと思っているところです。

ながーいこと生きている間には、その人ならではの考えや発見や視点が生まれてきます。
ウーフがオープンして18年。ドジばかりのわたくしを支えてくれた人はたくさんいます。
そんな中、やっぱり一番の力持ちはスタッフのみんなだと思います。天然の店長を、半ばあきれながら、あきらめながら?ささえている日々だとは思いますが・・・。
どの店にもそれぞれの個性があると思いますが、4人寄れば文殊の知恵?で、それぞれの知恵を出し合って楽しいお店にしていきたいと決心してるところです。
どうぞ、お楽しみに。


絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-27 23:02 | お知らせ

楽しいまりつき



今日はまりつき講習会の日でした。
はるばる滋賀から、まりつきの会の町田さんファミリーが来て下さいました。
小さな子の参加が多く、最初は親子で向かい合って遊べるものから、歌いながらむつかしい動作をするものまでいろいろな遊びをたっぷり講習してくださいました。
c0085543_2119405.jpg


ずっと、にこにこと楽しい町田さんのふんいき。子どものそばに、ぜひ楽しく遊ぶおとながいて欲しいというお話に「うん、うん・・」とうなずきながら、あっという間の二時間でした。

ゴムまりは、てんてんととてもよく弾み、感触が気持ちよいです。
参加者の中には何人か赤ちゃんを連れてこられている人もいましたが、まりを追いかけたりしながら遊ぶ姿も見られました。
お年寄りの健康指導をしていらっしゃるという方もあり、あらためて、まりは赤ちゃんから、お年寄りまで遊べる優れものだなーと思いました。
わたしもマイボールを作りました。いい運動になるし楽しいし、これから技をみがこうっと!



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-23 21:53 | イベント

まりつき講習会



四国の方は良いお天気だったようですが、雪の降る寒い日だったところもあるようですね。
急に寒くなると、体がびっくりして風邪をひいてしまうようです。
温かくしていてくださいね。


明日は、まりつきの講習会の日です。
京都から、日本まりつきの会の方をお招きして遊び方を教えていただきます。

今回この講習会を企画して思ったのは、もう<まりつき>という遊び自体を知らない人もいるんだなーということでした。

わたしの子どもの頃は、ボール一個で、いろんなまりつき遊びや、ピンポン、ドッチボールなどの遊びをしていましたが、今は、遊び道具も増えたり、コンピューターゲームの普及もあったり、こどもたちが忙しかったりするのでしょうか、なかなか学校以外で子どもが群れて遊んでいる風景を見なくなりました。
遊ぶにもカードやパーツをお金で買って、たくさん持っている子が有利になったりで、技を磨くことよりも、勝利をお金で買えたりする遊びが流行ったりして、なんとなくせつないなーと思う日々です。

練習して技を磨き、子どもどおしで切磋琢磨していく、独楽や、けんだま、お手玉、まりつき、などの遊びの楽しさを子どもたちに伝えたいナーと思います。
そのためには、そんな技を身につけたかっこいいガキ大将みたいな大人がいてほしいとも。

昔遊んだ人でも、これから覚えたい人でも、ただ、遊んでみたい人でも、小さい子もみんな来てくださーい。当日参加も大丈夫ですョ

時間、場所などはこちら



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-22 23:11 | イベント

トイレのおかげ




c0085543_23281214.jpg1996年月刊<たくさんのふしぎ>(1996年12月1日副音館発行)がハード版になりました。
『トイレのおかげ』
森枝雄司(もりえだゆうじ)作
はらさんぺい イラスト

トイレは生きている以上ゼッタイに必要なものです。
食べるのと同じに!
この絵本は、昔のトイレや世界のトイレ、お坊様たちの修行としての用を足すやり方など、
おもしろい歴史や慣習を紹介しながら最後には、ともあれトイレに感謝!ということでくくってます。ぜひ子どもと一緒に読んで欲しい本です。



最近はきれいな水洗トイレが当たり前ですが、キャンプ場や家と違うトイレを使えない子どもが増えているとか。なんだか、もっと明るく楽しくごはんを食べるようにトイレのことも話題にできるといいかもしれないですね。
ちなみに、おとなは毎日150グラムぐらいのウンコをして70歳までには合計約3トン(ダンプカー台分)だそうです。
c0085543_7373210.jpg
おしまいのページにはこんなことして遊んでいます。

もうひとつおすすめは、イラストを描いたはらさんぺいさんのwebのTheatre198のライブラリ
「バジリコ物語」おもしろいですよ~。

絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-20 23:21 | 子どもの本

夜になると、ひんやりとしてストーブが恋しくなる頃になりましたね。北の方では雪の便りも聞かれます。
風邪などひいていませんか?

ここんとこ、忙しくなってばたばたと駆け足の毎日を送っていて、イカンイカンと思っています。
いつもボーっと過ごす時間がないと自分がどこかにいってしまいそうになるので、時々おーい、と自分に声をかけることにしています(^.^)/

そこで、今日は高松北浜アリーナのumieであった、絵本作家まえをけいこさんのコラージュのワークショップに参加してきました。以前からまえをさんの描かれた『ぶらんこ』という絵本が気になっていて、どんな方が描かれたのかナーと思っていました。
『ブランコ』は絵本なのですが、子どものもの、いうよりも大人の心に響いてくるようで、ただただ、夕暮れにブランコをこいでいる男の子に気持ちを添わせながら読んでいくと、深く心のそこに眠っている淋しさや愛おしさや、ノスタルジーの感覚が呼び起こされるようです。
c0085543_22253169.jpg

c0085543_2252352.jpg
『ブランコ』
まえをけいこ作
この本を出版しているスカイフィッシュ・グラフィックスは親子で楽しめる絵本作りと雑貨などの販売をしていて、まだ新しい出版社です。
同じコンセプトで、この企画をされたumieさんは、オーナーがデザイナーというとてもおしゃれなカフェです。広い店内に隠れ家みたいにイスやテーブルが置かれていてたくさんのデザインブックや絵本などが自由に読め、おまけに窓からの瀬戸内海の美しいこと!ステキな空間です。
スイーツも飲み物もおいしいです。


今日はたくさんの親子の参加で楽しそうに一緒にコラージュをされていました。


c0085543_2250585.jpg
c0085543_22502830.jpg












わたしも作りましたョc0085543_22592734.jpg

楽しかったので、いつかまたウーフでも企画したいなっと思っています。
中には子どもの写真などを持ってきて貼り付けている人もいて、(ああ、いい思い出になるなー)と思いました。一緒にちょきちょきなにかを作ってそれを作品にできるっていいですね。
まえをさんのアドバイスもステキでした。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-17 23:04 | 子どもの本

どんぐりノート



♪どんぐりころころ どんぐりこ♪
じゃなくて、どんぶりこ!でしょ。
と音楽の先生にいわれた時のちいさなショック、
   お池の中に、落ちたんですから・・・と
   いわれてもなお、どんぐりこ、がいいなーといつまでも密かに思っていた私でした。
   同時に、どんぐりにもいろんな種類があるというのを知りました。



                  c0085543_21511191.jpg
『どんぐりノート』
いわさきゆうこ 大滝玲子 作
<文化出版局>

ブナ属 コナラ属 シイ属 マテバシイ属と種類があり、
22種類のどんぐりの特長や木の葉っぱなどが紹介されています。料理の仕方も紹介されてます。昔は主食だったんですって。
いろいろな遊び方もたくさん紹介されていますョ。
韓国語には「ドングル.イ」というのがあって丸いものをさすことばだそう。朝鮮半島から伝わってきたんでしょうか・・・。




   以前琴南町の保育所で勤務していた時、保育所のそばの神社には
   大きなシイの木が生えていました。秋が来ると子どもたちと拾って、
   時には食べたりしていました。
   その森にはムササビが住んでいて、シイの実を食べた殻があちこち
   落ちていました。

   ある日、よせばいいものを、誰かが捕らえたむささびを、子どもたちに
   見せるためにとかごに入れて、もってきました。
   初めてであった、ムササビの目はくるくると丸く、木から木へと飛ぶため
   の体は薄く広く、まくらカバーみたい・・と思いました。
   しっかり見世物になって、また森に帰りましたが無事だったでしょうか。
   ばかな人間を見てきたと憤りながら仲間にはなしをしたんでしょうか・・・
 
   どんぐりを見ると、あの黒くまあるい澄んだ目を思い出します。
     
  

 絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net

  
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-10 22:12 | 子どもの本

あまいものがたり



ひゅるー・・と一筋のひんやりした風が実りの秋を告げて、りんごの実が熟します。
くだものの甘みは、その果樹が子孫を残そうとするたまもの。
小さい頃から、ごはんよりも果物が好きだったわたしはその甘みがどこからくるのか、
すごく不思議でした。

先日、ふらりと立ち寄った本屋さんで見つけました。
具体的に捜していたわけではないけれど、ずっと捜し求めていたようなホン。
旬の野菜や果物で実、皮、芯、葉、の中に棲む野生の植物性乳酸菌+酵母を育てて
自然の甘みを育てるという。

さっそくためしてみました。
やり方は簡単
ビンを煮沸してその中にきれいに洗った旬の果物を切って入れます。
そして冷蔵庫に2,3日。
そうすると、雑菌は死んで低温に強い植物性乳酸菌が育ち
またそれを常温にもどすと、そこで酵母が育つんだそう。


c0085543_2329186.jpgふつふつと小さな気泡が、まるでりんごが息をしているみたいです。育てているという感じがうれしくて、ふーっと深呼吸したみたいな気分でした。
今日、そーっと飲んでみたら、不思議なほのかな甘みが口の中に広がってほっこりうれしくなりました。
甘みを通り越すまで育てるとお酢も作れます。



お砂糖のいらない酵母スイーツや離乳食も紹介されています。
『酵母スイーツ』ウエダ家+原田めぐみ著<学陽書房>
c0085543_23425776.jpg




c0085543_23472018.jpg










絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-09 23:53 | 一般書

サンタクロースの部屋

c0085543_21435481.jpg


子どもの時には、わたしもやっぱりサンタさんはいると信じていました。今のようにかわいいラッピングもすてきな気の利いたプレゼントもありませんでしたが(たいてい、わたしのサンタさんのプレゼントは文房具)鼻の先がひんやりする風が吹き始めると、「ああ、もうすぐクリスマス・・・」
っと思いました。
いつの頃か、もうサンタクロースはこなくなり、やがて恋人がサンタクロースになり、自分がサンタクロースになりました。
今では、すっかりカレンダーにとけこんだクリスマス。
でも、心の中にあるサンタクロースがいた部屋には、小さな灯りがともり、いくつものものがたりが眠っているように思います。コンプレックスの強かったわたしにとっては、自分というものが大好きに思えた、大切な愛された思い出なのでしょうか・・。

荷解きをしながら、クリスマスの工芸品を見ると、なんだかほんわか、幸せな気分になるのはきっと、サンタクロースの部屋のドアが開くんでしょうね。

まだ11月になったばっかりというのに!!
ちょっとあわてんぼうのわたしです。




サンタギフトBOX


絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-06 22:07 | おもちゃ



ゆーらりゆーらり・・
「もう少しでいくからね─☆ まっててね─☆」
っていってるみたいです。
やじろべえサンタさん



c0085543_2219101.jpg


旧東ドイツ エルツビルゲ地方にあるザイフェン村は、おもちゃ発祥の地であるともいわれ、それぞれに工房を持ち、今でも昔ながらの製法で、ていねいにひとつひとつ作られています。
このやじろべえサンタは、動くものを作るのが得意なヴェルナー社の次男ヴォルフガングさんの作品です。

c0085543_2218328.jpg


後姿はちょっと、哀愁を感じたりして・・・・




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-11-03 22:26 | おもちゃ