ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

土用の日


今日は土用の入りの日ですね。
お店の近くにある鮮魚屋さんが店頭でうなぎを焼き始めると「ああ、土用が近いなー・・」と思います。汗だくのおじさんが、ステキです。
夏の風物詩

わが家の土用は梅干。
ことしのできはどうかなー・・・
c0085543_23501254.jpg
すっぱーい!!

この土用、年に4回あるのだそうです。『土用』とは、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの各季の前の18日間を指すもので、特に夏の土用は、暑い盛りで1年の土用の中央にも当たることなどから、古代より注目されてきたようですね。

スタミナをつけて暑い夏をのりきってくださいね。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-30 23:54 | その他

LaQワークショップ



今日は、ユープラザうたづで、ラキュー博士とブロックワークショップを開催しました。
ラキュー博士こと山内健さんが、ラキューを使っていろいろなパフォーマンスをみせて下さった後、それぞれに平面で、イルカや花などを作り、そのあとグループごとに大きなボールを作りました。男の子が多く大人、こどもみんなで約70名余り、時間も気がつくと2時間半が過ぎ、終わってからも男の子たちは、山内さんを囲んではなれず、手品大会がはじまるなど、とても充実した時間でした。
c0085543_21364825.jpg


ブロックに関しては、自分が子どもの頃に遊んでないおもちゃで、とても苦手でした。でも、パチンパチンとはめ込んでいくのがとても心地よく、曲線や立体ができ、細かい部分がうまく作れるラキューに出会ってから、なんとか遊び方を知りたいと思っていました。


今日のワークショプを終えて、まず、子どもたちのいきいきとした表情と、黙々と作る集中力にびっくりさせられました。こどもの力は、大人が思っている以上だと思います。子どもが面白いと思って、主体的になにかにチャレンジしていける環境って大事だなーと思いました。

そして、ラキューに惚れ込んで日本で生まれた、この優れたおもちゃ、ラキューが生まれた背景とその理念に思いを寄せ、誠意を持って広めたいという方たちの純粋な熱意と誠意も知りえる機会となりました。

c0085543_21582339.jpg




<準備中のラキュー博士>




c0085543_21584643.jpg




観覧車、すてき!
実際キュルキュルと回るんです!



<ラキューは、四画と三角の基本形ブロックに5種類のジョイントパーツを組み合わせることで、平面から球体まで、さまざまな形を生み出すことが出来る新しいタイプの造形素材です。ラキューの創造性は、遊ぶ人の自由な発想をたすけ、創造力を無限に表現します>




LaQベーシック
<実店舗には全種類のラキューセットが揃っています。
    近々ホームページでもご紹介しますね>



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-28 22:09 | その他

アイスクリーム!



夏はといえば、アイスクリーム!
買ったばかりのアイスの包みをといて棒を持って、
まだ、食べてないのに、涼しい感じ!そうっとほっぺたに近づけたりなんかして・・

ひとくちめの、歯にしみるかんじ
ふたくち、みくち・・
ほどよく溶けたらぺろりぺろり、となめる
けど、だんだんスピードアップしないと、どんどん溶けてしまう。

そして、とうとう
最後は一本の棒っきれ・・・
ちょっと、さみしかったりして。


なーんて、ことを思い出しながら読んでください。
『くまさんアイス』とりごえまり作<アリス館>

c0085543_21375141.jpg


こぶたのプリンくんは家におともだちがくるので、町におやつを買いに行きました。今日は、くまさんアイスに決めました。うきうきしながら帰る途中、ケーキ屋のお姉さんやパンやのおじさんたちに呼びとめられて、できたてほやほやのおいしいおやつをどーぞ、と誘われます。でもプリンくんは、きっぱり断って家に帰りますが、あらら・・・アイスは溶けてしまっていました。

でも、だいじょうぶ。おかあさんが、溶けたアイスを集めて、とっても素敵なくまさんアイスを作ってくれましたよ。
さあ、どうぞ


c0085543_21354518.jpg

なーんて、
すてきな、おかあさん


おしまいに、くまさんアイスの作り方もありますよ。










絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-25 21:52 | 子どもの本

梅雨明け



雨の心配の多かった梅雨でしたが、四国地方も梅雨明けしました。

今日、配達で山の手の方に行く途中、見つけました。

暑いねトマト! 

夏だよ
c0085543_2225515.jpg






絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-24 22:26 | その他

ながぐつ



小さい頃、ながぐつが大好きでした。
雨の日にはわざわざに水たまりを歩いたり、小川に入ってどの深さまでいけるか!
などどためしたり。

大人になってしまって、なんとなく遠ざかってしまって・・
必要なときには家人の持ってる黒いでっかい雨靴をかりたりしていましたが
だいすきなみどりのながぐつを見つけて即買い!

はいて歩くと、てんこてんこ・・と音がして子どもになった気になります。
スキップしたり、したくなります。

c0085543_22531216.jpg
   大き過ぎなくて、
   シンプルで
   ちょうどいい。

  草木が生い茂った庭に
  やすやすと入れる

  ちいさなしあわせ





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-21 22:59 | その他

訃報



昨日、臨床心理学の第一人者、元文化庁長官の河合隼雄さんが亡くなられました。
昨年8月に脳梗塞で倒れられてから、きっと河合さんのことだから、ケロリとして、「あの世とこの世の境に行っとりましたーハハハ・・」などど、笑いながら、またお話が聞けると信じていました。


河合さんに出会ったのは、今のお店を出すか出すまいか・・・自分ってなんなんだろう・・・
などなど、イワユル自分探しをしていた頃でした。

初めて手に取った河合さんの著書『コンプレックス』<岩波>を読み進める中で、マイナスだと思っていた自分の中のコンプレックスが、ゆるゆると溶け出して、嫌いだった自分を受け入れてもらえたような、気持ちでした。
それから、『心の処方箋』<新潮社>『明恵夢を生きる』<京都松柏社>などなど・・・果てはユングに至るまで、たくさんの本を読みながら、わたしは、わたしである、ことを心のまん中に、ゆるぎないものとして、かわいいものとして、すえることができるようになりました。


お店の15周年には河合さんの著書にもある『こどもの宇宙』をテーマに谷川俊太郎さん谷川賢作さん、工藤直子さんたちと講演や、詩とお話と音楽のコラボレーションもしていただきました。
夢のような時間でした。




倒れられる一週間ほど前に突然電話がかかってきて「なんと、今丸亀駅を通過しました!」っと。
高知に向かっていらっしゃったようでした。秋に、また講演会とフルート演奏でお呼びする予定でしたので、その時にフルートを一緒に吹きましょうと、その曲目についてのお電話でした。
音楽はいいですョ。という河合さんすすめで、やっとフルートを習い始めたばかりでした。


もう、だいぶうまくなりましたよ。
たくさんの人の心の中に生きている河合さん、聴いてて下さいな。





絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-20 23:48 | お知らせ

まっててね



今日は、臨時人形講習の日。
徳島から、ネコのミオを作る人や、40センチのウォルドルフ人形を作る人、50センチの人形を作る人たちが集まりました。50センチの方は以前40センチをものを子どもさんのために作ったのですが、もう一つ50センチのものを作って子どもさんが使った産着をきせたい、とのこと。
いろいろおしゃべりしながら、ほっこら・・と人形を作っていきました。

人形は、もちろん子どものため、と思ってみなさん作られるのですが、作っている人のこころも知らず知らずのうちに優しい気持ちにしてくれるらしく、だんだん、いい顔になっていかれるのが、とってもいいなーっと思います。

わたしも、まるで、道に迷ったこどもみたいに親であることの“おもに”を背負って子育てしていたような気がしますが、この人形に出会って<子どもに作る>という作業の中で、そのおもいものが、どんなにふわふわとほぐれていったことか・・。

c0085543_22324950.jpg

今日はおかあさんについて、小さなお客様も二人一緒についてきました。お店で遊んだり、人形つくりを見ていたり、お昼寝もしたりして、「もうすぐ、もうすぐ」
まっててね。


ウォルドルフ人形




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-18 22:37 | その他

子育てママのほっと講座



今日は朝から、市内にある、さぬきっずコムシアターさんの主催で、その活動の一環である子育て支援事業の行事として、おもちゃと絵本についてお話させていただきました。


c0085543_22392758.jpgテーマは“チョイスはしっかり楽しみはゆったり”
いろいろな質問もいただいて充実した時間が過ごせました。
思っていることを言葉で表現することのむつかしさ。いい勉強になりました。



さぬきっずコムシアターは1983年から活動を続けてきた「丸亀子ども劇場」が2005年、NPO法人として新しくスタートしたもので、舞台芸術の鑑賞や様々な遊びなどの体験を通して「生きる力」を育むことを目標に地域社会の中でいろいろな活動をされています。
お店をオープンしたころからのお付き合いで、子どもたちもお世話になりました。

長い時間をかけて、地道に地域の中で活動を続けていらしゃる方々には頭が下がります。
継続はちからなり!
子ども劇場という成り立ちから、時代の流れの中で若いお母さんたちの集まる場所として、あったかい場所になっているようです。
 
 ホームページ
 http://www.sanukids-com.com/kosodate.htm
 ブログもありますよ
 http://blog.canpan.info/comcom
 http://blog.canpan.info/kidscom2007/




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-17 22:40 | その他

台風



明日の夜をピークに台風が四国に来るらしい。
水不足の解消にはなるので、嬉しいような。
けど、台風というと、3年前の床上浸水を思い出して、ちょっと恐怖。
あの時の雨は、ただただ、まっすぐにまっすぐに、だまってザーッ・・と降り続けるといったふうで、もののけを感じるほど、いつもとは違っていました。

自然への畏怖と片付けを手伝ってくれた人たちの温かさに感謝したことでした。
無事をいのりましょう。
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-13 21:47 | その他

絵本は楽しい!



絵本が2冊届きました。内田麟太郎さんの新刊です。

どんどんいろんな画家さんと絵本を作っていらっしゃって、たんびにびっくり!します。
その柔軟な姿勢と発想に乾杯!です。それぞれに味があって、ほんとにおもしろいのです。

今回は、以前『がたごとがたごと』でご一緒に絵本を作られた西村繁男さんとの合作『おばけでんしゃ』場面設定はおなじで、でんしゃが出発していろんな駅についていろんなおばけがのってくるというもの。
おもしろかったのは、最後にでんしゃも化けて、“でんしゃ”になって“にんげんえき”につくところ
実は、ほんとにどこかの駅には人間に化けたおばけがいるかも、と、おもったりしました。
どのページも楽しくて、きっと子どもたちは絵本にくっついてみるでしょう。


c0085543_2215337.jpg『お化け電車』文 内田麟太郎 絵 西村繁男 <童心社>
c0085543_2222094.jpg

c0085543_2224667.jpgおばけはいないという本を読んでいるおばけ。
きっとどこかに自分に似ているおばけもいるよ。


それから『ぶす』。c0085543_2223169.jpg


長谷川義史さんとの合作です。
これは狂言のお話で、太郎冠者と次郎冠者が留守番をいいつかります。そのあいだに主人に「この中にはぶすという毒が入っているから近寄ってはならぬ」と、言われていた、そのつぼの中には、水あめがあることを発見して・・・あらら・・・
内田さんのうまい文章と、おもっしろい長谷川さんの絵とで、もう読む前から笑ってしまいそうです。『ぶす』 文 内田麟太郎 絵 長谷川義史  
<ポプラ社>



絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]
by u-hu-yoko | 2007-07-12 22:29 | 子どもの本