<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

グレーブスさんの人形

お元気ですか?
ほんのすこーし日差しが遠くなったなーと思える一日でした。
もう、そろそろ新学期の準備に入った方多いかと思います。

今日は小さなお人形をアップしてみました。

これは、実は2年に一度のアトリエ・ニキティキでの展示会の際ドイツから
グレーブスさんというエルツ山地から人形つくりをする方が見えて教えて
もらって、わたしが作ったものです。
ドールハウスで遊ぶ人形で、ひとつひとつ本当にていねいに手作りされて
います。
手足が自由に動くので、立ったり、座ったり自由です。
作ってみて初めて、そのたいへんさと、グレーブスさんの人形と子供たちへ
の愛情を感じました。


c0085543_14494881.jpg

[PR]

by u-hu-yoko | 2006-08-22 14:52 | その他

くまの子ウーフのこと

c0085543_18581399.jpg 夕方すごい雨が降りましたね。部屋にいても雨のにおいがします。
ちょっとだけ秋に近づいたかも・・。

 今日はお店の名前になっているウーフのことお話したいと思います。

ひとつの物語に出会って、その主人公が心に住みついて、成長を助けてくれることが時にあると思います。
私が『くまの子ウーフ』に出会ったのは、ちょうど店をオープンさせるかどうか迷ってばかりいた時でした。自分に自信がなく(わたしはなに?)と考える日々。

この物語の中で「ぼくはなんでできでるの?」と心に湧いた不思議を抱えて歩くウーフは私自身でした。いじわるなキツネのツネタに「おまえはおしっこをするから、おしっこでできてんだ!」といわれて泣きながらかけて行く、その途中転んでしまいます。そこで発見!「僕は涙も出るし、血もでる。そうだ、ぼくは、ぼくでできてるんだ!」

「ウーフはウーフでできている」と発見した素敵なことばは(わたしはわたしでできている!)と自分のコンプレックスを大切なものとして受け入れることを助けてくれました。

そして、作家の神沢利子さんにお手紙を書き、お店をオープンしました。
 
時を重ね、物語の中のウーフは、脱皮するへびやたけのこに出会い、小さくなったズボンをはらりと脱ぎ、成長することの喜びを知ります。
わたしはどうなんだろう・・?と自問自答しながらも、ウーフに負けないように少しづつでもぴかぴかになりたくて、たくさんの不思議を探してこうと思ってます。

くまの子ウーフのシリーズはたくさん出版されていますが、この『くまの子ウーフ』は大切な一冊です。
[PR]

by u-hu-yoko | 2006-08-20 17:44

はじめまして

 今朝は、台風の影響か大粒の雨が降っていました。九州への被害がありませ
んようにと祈りながらも、埃っぽかった大地はほっと一息ついたようで、少し気分
も涼しくなりました。
 
ホームページもやっと形になりこれからは、どんどん新しいものや、いいものを提案できるといいなっと、思っています。どうぞよろしくお願いします。
私自身は、ものすごくアナログ人間なので、お店と違ってお客さまの顔が見えない声が聞こえないことへの不安はありまが、もう少し時間が経って慣れてくると、きっとpcならではのコミュニケーションを楽しむことができると、期待しています。

どうぞ、どうぞよろしくお願いします。

                       
[PR]

by u-hu-yoko | 2006-08-18 15:28