七夕様



今日は七夕ですね。


今思うと、子どもだったわたしは、もちろん楽しんだのですが、実は大人も楽しみだったのでは・・と思ったりします。

竹林から、竹を切ってきて、庭に取り付け、祖父は墨をすってなにやら短冊に願い事を書いていましたし、祖母は採れたてのトマトやきゅうり、などの夏野菜を笹飾りの前にお供えしていました。
当時同居していた独身の叔母も、夜星を見ながら一緒に流れ星を待ち、流れた瞬間一生懸命なにかを祈っていましたから・・・。

近所に花火のはしごをし、庭に寝転がって延々と流れ星を待ちながら、更けていった七夕の夜の思い出は、願いを持つということの、ひめやかで、ささやかな行いや、とるに足りないありふれたものへの愛おしさを呼び起こしてくれます。


今夜は梅雨空。遠くで打ち上げ花火の音。

おりひめさま、ひこぼしさまが 逢えますように・・・。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-07-07 22:47 | その他