思い出の杏



あんず、が実りました!

c0085543_0271528.jpg


c0085543_0291141.jpg


昔、小学校の職員室の横に一本あんずの木があって、いつだったか放課後先生の手伝いをしていて、帰る時に一個もいでくれたことがあります。

その時の、黄色く熟したあんずのあまずっぱさが忘れられず、時々、マーケットで売りに出されたら買ってみるものの、その時の味とは違っていて、どうしてもあの味!が欲しいと思い(食べ物の恨みはこわい?)狭い裏庭に木を植えたら、こんなに実がつくようになりました。

今頃の季節になるたびに、そのときのやさしかった先生を思い出しながら、ほおばっています。
だから、あんずはなつかしい果物です。
思い出は、その季節になると、ふいに風やにおいや色に混じってよみがえってくるものですね。


ただ、難点は子どもの時と違って、木に登るのに困る!!昨日登っていたら、隣のおじさんと目があってしまいました(笑)
[PR]

by u-hu-yoko | 2007-06-08 00:50 | その他