ヨーコさんの気まぐれブログ uhuyoko.exblog.jp

ウーフの店長による日記


by u-hu-yoko
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

谷川俊太郎&谷川賢作LIVE



とうとう、終わってしまいました。
私は、感動する映画を観たり本に出会うと、そのあとしばらくは、その中に出てくる誰かになってしまったり、感じがいいなー・・と思う人に出会ったときも、その人の笑い方やしゃべり方になったりします。(ちょっといつもと違う・・と思ったときは、何かを観たり読んだりしたときです。ご注意ください!)
そして、昨日谷川俊太郎さんと賢作さんのLIVEが終わった今は、まだまだ、頭の中にはピアノが流れ、詩の朗読の余韻が雪のように静かに降っています。
88ステージにある古いオーストリアのピアノ、べーゼンドルファーの奏でる優しい音。俊太郎さんの朗読。年を重ねて初めて気づく、人間だからこそ、生きているからこそ、の感情。生きてるって、なかなかいいもんだね・・・
c0085543_21405052.jpg


c0085543_2147092.jpgこの12月15日で75歳になった俊太郎さん。しなやかに淡々と生きていらっしゃる、そんな気がします。
今回心に残ったのは『詩人の墓』という詩。まさにご自分自身のことを描いていらっしゃるのかな・・・っと。俊太郎である自分と詩人である自分。そんな気持ちが交錯する詩でした。




c0085543_2155752.jpgNHKの『その時歴史は動いた』という番組で流れる曲をプロデュースされた賢作さん、最近では、いろんな方とジョイントしながらのLIVEが多くてお忙しいとか・・。歌もうまくて、弾き語って下さった『夜は怖くない』という曲が素敵でした。先日お亡くなりになった岸田今日子さんが歌っていた曲です。



c0085543_2273487.jpgc0085543_22114714.jpgちょっとツーショットなどお願いしてしまいました。



ずいぶん、おしゃべりをしてしまいましたが、おしまいに、私の好きな詩をご紹介します。
『すこやかに  おだやかに  しなやかに』の中から


          こころの色
 

       私がなにを思ってきたか
       それがいまの私をつくってる
       あなたがなにを考えてきたか
       それがいまのあなたそのもの


            世界はみんなのこころで決まる
            世界はみんなのこころで変わる
     
     
       あかんぼうのこころは白紙
       大きくなると色にそまる
       わたしのこころはどんな色?
       きれいな色にこころを染めたい


            きれいな色ならきっと幸せ
            すきとおっていればもっと幸せ




      絵本と木のおもちゃの店ウーフhttp://www.u-hu.net/
[PR]
by u-hu-yoko | 2006-12-23 22:08 | その他