こころを育てる絵本とおもちゃ



絵本やおもちゃ、を売りながらにして、時々わたしは迷うことがあります。ほんとにこの人にとって、今必要なものはこれなのかなー・・と考えてしまったり、自分は大好きなものを「これはほんといいんだから!」とお勧めしたあとで、よかったのかなー・・と思ったり。

なので、断じてこれじゃなきゃ!などど言い切ることができない、なんとも軟弱なこころもち。



こんなわたしが、時々人の前で講演をする機会があり、今日も生涯教育のセミナーでお話させていただきました。たくさんの人を前に、立ちはだかる軟弱な、こころもち。

向いてないなー・・と思いつつ、それでも少しでも思っていることを伝えなきゃ!と、えーい、とばかし引き受けてしまい、終わった後は、いつもどおりの居心地の悪さを感じつつ、しゃべったことばを牛のように反芻しては飲み込んでいます。


でも、“こころを育てる絵本とおもちゃ”というテーマをいただいてその視点から、もう一度絵本やおもちゃを考え直すいい機会になりました。育ったこころってどういうこころ?とかそのために絵本やおもちゃはどういう役割なのか・・・などなど。

そして
自信を持って言えることは、私はこの仕事がとても楽しいということ、店にある絵本やおもちゃが大好きであるということ。お客さんたちと話をすることが楽しいということ、その楽しさがおとなやこどもに伝染するといいナー・・と思っていること!

  
     絵本と木のおもちゃの店ウーフhttp://www.u-hu.net/
[PR]

by u-hu-yoko | 2006-11-02 22:48 | その他