秋の日に

c0085543_22512462.jpg


この季節になると、一番りんごらしい(と、かってに思っている)紅玉。
毎年箱買いしては、においを嗅いだり、飾ったり、ジャムやワイン煮、焼きりんごに
と、愛してやみません。
その真っ赤な色は、絵に描きたくなるし、独特の甘酸っぱさは、子どもの頃に食べた
りんごの味がして懐かしいのです。
子どものとき病気になると、決まってすりおろしたりんごを食べさせてくれたことも
大好きな理由のひとつにあるのかもしれませんけどネ。

そして、緑のクリスマスツリーに飾るオーナメントのひとつとしても
赤いりんごはなくてはならないものです。
寒い冬に緑の葉を保つ、強い生命力の象徴であるもみの木。
そこに飾るりんごのオーナメントの由来は、アダムとイヴが食べた知恵の樹の実の象徴。
光沢のあるメッキボールやガラス製のグラスボールは、りんごの飾りから変化したものだそうです。


ひとあし早くクリスマスがやってくるおもちゃやさんのウーフ
一年で、きっと今が一番わくわく楽しいころ。
どうぞ、いらしてくださいな^^





絵本 木のおもちゃの店ウーフ

 Eメール info@u-hu.net



↓ ↓ ブログランキングに参加しました。

   ブログランキング・にほんブログ村へ

よろしければ、クリックをお願いします。

[PR]

by u-hu-yoko | 2011-11-03 22:59 | その他