ウォルドルフ人形

c0085543_22162946.jpg

本当は、大切な人にひと針ひと針、手作りして渡して欲しい人形ですが
時々訳あって、私が代わって作ってさしあげる人形たちもいます。


やっと、頼まれていた子が二人仕上がりました。
左の子は、あるおばあちゃんのところへ。
認知症がすすんでしまったその方は、毎日お人形を大事に
お世話しているのだとか。
そして、どうやら、もうすぐご自分に赤ちゃんが生まれる・・と
思い込んでいるそうです。
その方の弟さんから依頼を受けました。
どうぞ、どうぞ、気に入っていただけますように・・。

右の子は、6月生まれの女の子の誕生日に。
ちゃんと友達になってくれるかな・・
ずーっとその子に寄り添っていてくれますように。


自分以外の誰かのために人形を作るとき、その人のことを考えます。
どんな風に生きてきたのかな
誰に愛されているのかな
誰を愛しているのかな
人形の存在は、誰にもわからない自分自身を愛するためなのかな・・
などなど、ぐるぐる思いを巡らせながらちくちく。
ちくちく
ちくちく・・
そうして、出来上がるころ、わたしのこころの見えないところが
形に表れて、ひとつの人形がひとりの人形に変わっていきます。




絵本 木のおもちゃの店ウーフ
      Eメール info@u-hu.net
[PR]

by u-hu-yoko | 2010-06-09 22:20 | おもちゃ